Schimorite:成人における病気の特徴と治療

Schimorite:成人における病気の特徴と治療

シマライトはLor実践における最も一般的な疾患です。それは、見かけの副鼻腔に対する感染性炎症性損傷と顕著な臨床像によって特徴付けられます。不適切な治療が重度の合併症をもたらすとき、それは異なる形で進むことがあります。

コンテンツ:

ヒモリティティースとは

解剖学的特徴を考えると、頭蓋骨の骨は呼吸過程に参加し、他の多くの重要な機能を果たす特別な空洞を持っています。これらのキャビティの1つは洞のジャイモーズです。それは上顎区域に局在しており、最大です。炎症を伴う、その粘膜は副鼻腔炎を発症しています。これは深刻な病気です。これは、精製プロセス、鼻腔肉、倦怠感、高温および中毒の兆候を伴う深刻な病気です。病理学はすぐに進歩する傾向があるので、合併症がしばしば観察されます。

病理の原因

この疾患の素因の要因は、内部および外部の原因であり得る。以下の州は、より頻繁に引き起こされます。

  1. 気道に局在化した感染過程

  2. 体の規則的な過冷却

  3. アレルギー反応の背景にリジス。

  4. 免疫状態の低下

  5. 気管支喘息の攻撃

  6. 鼻腔の構造と疾患や傷害による区画の構造

  7. 歯科系の齲蝕やその他の感染性および炎症性病理。

  8. HIV病理学

副鼻腔炎の他の病因因子は、鼻の中の腫瘍、鼻孔の鼻孔および線維症の開発である。そのような州は病気を引き起こす可能性が低いですが、それらはそれを呼び出すことができます。

Hymoritaの症状

病状の徴候は直接臨床的形態、一般的な幸福、理由、患者の年齢、そして負担をかけられた疾患の存在に依存します。

原則として、副鼻腔炎の症状は、慢性的ではなく急性段階でより顕著であり、疾患の発生直後にそれ自体が明らかにされている。

見かけの副鼻腔の炎症過程の以下の特徴的な特徴が区別される。

  1. 痛み。片面または両面の局在化、異なる強度がある可能性があります。基本的には、ヘッドが前方に傾斜しているとき、それはゼロ駆動、就寝前に増加します。

  2. 精製性質の鼻腔内隔Snot詰まりが動き、呼吸が難しくなります。脆い粘膜をより頻繁に満たすことが少なくなります。

  3. 嗅覚機能の低減

  4. 頭痛。

  5. 強い弱さと不整合。

  6. 39℃までの高温

成人の概して幾何学的治療

ゲイモロビ副鼻腔の炎症の治療は統合アプローチを意味します。患者は症候性および病因療法を処方する。感染性炎症病理学との戦いの主な医学的イベントは次のとおりです。

  1. 薬。局所的および全身的調製物は、スプレー、液滴、溶液および錠剤の形で示されている。患者は、抗生物質、防腐剤、血管内投与薬および塩溶液を、精製剤含有量から見かけの副鼻腔を洗浄するための塩溶液を処方する。抗炎症性、抗ヒスタミン薬およびビタミンも使用した。すべての薬は、コースと投与量に付着し、専門家を任命するために厳密に服用することをお勧めします。

  2. 理学療法法呼吸を軽減し、精製排出のフマを改善し、炎症過程を抑制することが有用である。効果的なUHF、UFO。そのような操作は寛解中にのみ処方される。

  3. 外科的介入。保守的な方法が無効になると、手術に頼る。病理学的秘密を除去し、鼻腔を抗菌性の防腐剤手段で洗浄するために、患者は患者が罹患洞の穿刺を行います。操作はいくつかの段階で局所麻酔下で行われます。

在宅の成人の概して治療

伝統的な治療だけでなく、伝統的な療法もまた、伝統的な療法も見かけの副鼻腔の炎症を阻害するのに効果的です。それは症状の軽減とヒモライトの原因のための安全なレシピを含みます。鼻腔の灌漑のための摂取量および解決策のための様々な手段が使用される。

自宅では、次のFOLKメソッドを利用できます。

  1. 果実のチンキ新鮮な海のバックソーンの果物、ローズヒップと茂みの1つのメガネ、ブレンダーを通過します。得られたものを0.5リットルの蜂蜜と混合し、一晩冷やした場所に残します。ウォッカ500mlを添加した後、それらはよく覆われており、週が妨げられています。 1日1回の1日に3回食べる前に救済策を講じてください。

  2. 滴。調理のために、1時間のカレンデュラとデイジーが使用されます。乾燥ハーブをガラスの水で注いで5~10分間火災で沸騰させます。煎じ薬はスタイルでフィルタリングされています。炎症過程を減らすために1日に3~4回の滴の形で適用されます。

  3. 体の保護機能を強化するための注入。癒しの薬剤を調製するには、2:1:1の比率で、Cora Givers、JohnのWortとNettleを取ります。 2gの量の乾燥混合物を200mlの沸騰水に注ぎ、そして40~50分間刺激する。それから彼らは篩を通過し、2回の中に入る。

防止

以下の方法は副鼻腔炎の予防に使用される。

  1. 免疫強化

  2. インフルエンザおよび風邪の間の塩溶液による鼻腔の衛生

  3. ビタミンの受容

  4. 体を硬化させる、普通の空気を散歩します。

  5. 衛生的な規則への準拠

  6. 過冷却の例外

また副鼻腔炎を警告することは、健康的な栄養、悪い習慣の欠如、そしてウイルス感染のタイムリーな治療を助けます。

スキモライトは、鼻の上顎洞において炎症過程と呼ばれます。ゲイモロフ副鼻腔は上顎の骨の腔全体を占めています。副鼻腔炎は、副鼻腔炎の種類の1つです - 洞炎症、すなわち人の顔を形成する空の骨の空洞。この疾患は、洞の内壁を覆う粘膜の炎症に基づいており、時にはこの疾患は骨組織に浸透する。

ヒモリタの種類

疾患の原因、メカニズムおよび疾患の過程に応じて、ヒモライトはいくつかの種類または型に分けられる。

急性型ヒモリティティー

鋭いヒモライトは急速に発達している疾患の発症しています。これは、原則として、ARVI、風邪、従来の鼻水、および上顎の前歯の根の炎症の炎症の結果です。この疾患のメカニズムは同じです。鼻が鼻によって結ばれる薄いチャネルを通る病原体、または骨顎組織を通して副鼻腔を貫通している。体はリンパ球を生産し始め、危険な微生物を中和するように設計されています。粘液が副鼻腔内に蓄積され、それはチャネルを通して鼻に流れ込む。粘液がチャンネルを詰まらせると、副鼻腔内に蓄積し、壁を置くことが始まり、さらに大きな炎症を引き起こします。

障害物なしの粘液が炎症の場所を残した場合、病気は合併症を伴わずに通過します。チャンネルがブロックされると、問題が始まります。

  • 温度の上昇
  • 呼吸困難。
  • タッチでは、上顎は鼻の周りを痛くします。
  • 男は夜は悪い眠ります。
  • 疲れがあります。
  • パフォーマンスが低下しました。
  • 顔を膨らませる。

慢性ヒモライト

場合によっては、ハンモリンの炎症は慢性的な形式を取ります。原則として、これは急性ヒモライトを治療しようとする1つ以上の試みの後に起こります。アパレル副鼻腔の慢性炎症は、ENT臓器または外傷性因子に関連しない他の疾患の存在によるものであり得る。炎症の症状は定期的にポケしてシャープ

  • 体温は38度を超えていません。
  • 頭部斜面が現れて消えたときに発生する頭痛。
  • 鼻から、黄色、黄緑色の色合いの流れ。
  • 匂いが悪い - 患者は食べ物の匂いを感じません。
  • 常に顔を膨らむ。
  • 理由がないため、涙点GOと結膜炎が現れます。

精製型ヒモリティティー

精製副鼻腔炎は、誤った治療または独立して疾患の急性形態を治療する試みによって引き起こされる合併症である。この疾患の原因は、人が展開または「足に根付いた」と苦しんでいる、最も頻繁に寒さ、感染性およびウイルス性疾患です。精製副鼻腔炎は、ゲイモロビの副鼻腔内の病原性細菌の蓄積を引き起こす。この疾患の主な危険性は、顔の骨布を倒す能力であり、それは治療を真剣に複雑にし、それを無期限に伸ばすでしょう。

双方向型ヒモリチス

最も困難な流れと二国間ヒモライト - 鼻の両側に位置する脳の粘膜の同時炎症を癒しています。この疾患の原因は、病原体 - 細菌、真菌およびウイルスの影響を受ける口腔または呼吸器臓器からの脳に浸透する微生物である。さらに頻繁には、両側のヒモライトは無効な治療で慢性的な治療に流れ込む急性形態で明らかにされています。

この疾患は以下の特徴によって容易に診断されます。

  • 全生物全体の中毒:気温の急激な増加、嘔吐、関節および筋肉の痛み。
  • 嗜眠、無関心、障害。
  • 両側に顔の腫れ。
  • 触略孔の間のヒモール副鼻腔の領域の痛み。
  • 涙の増加
  • 多数のスノットを強調表示する。

アレルギー性ヒモロチス

外部刺激に対する体の免疫系の否定的な反応に罹患している人々は、アレルギー性罪人の疾患の対象となる。見かけの副鼻腔を貫通しているアレルゲンは、白血球の産生を強化し、それが洞に蓄積し、チャネルを詰まらせ、そして粘膜を称賛する。

アレルギー性副鼻腔炎の特徴のために:

  • 頭痛
  • 弱さと無関心。
  • 目と生意気な痛み。
  • 温度上昇
  • 鼻閉塞。

カタリアルヒモリット

子供やティーンエイジャーは最も頻繁にカタルハルの病気です。鼻腔の粘膜が膨潤すると、有害な細菌が副鼻腔内に落ちた後に発生します。同時に、粘液が導出されるチャネルが狭くなる。カチルリア副鼻腔炎は最も簡単な形の炎症であり、それはタイムリーな治療を受け、それは迅速かつ影響を与えずに通過します。カタルナール副鼻腔炎を患っている人:

  • 食欲の拡張
  • 眼底、顔
  • カラースノットを変更する。
  • 温度上昇
  • 頭痛の外観と鼻の周りの圧力の感覚。
  • 全身での子豚、筋肉の痛み。

ポリプロスヒモリット

ポリプロース副鼻腔炎は、鼻腔洞に重なっている鼻腔内に登場したときに発生し、針から粘液を除去したときに発生します。副鼻腔内のポリープは、急速な細胞分裂の結果として粘膜上に現れる異常な痛みを伴う成長です。医師はポリープの形成の正確な原因を発症しておらず、彼らが1つ以上の陰性因子の影響の結果として現れると考えられている:遺伝よ、けがはウイルスまたはバクテリオリの疾患を移した。

患者は、ヒモライトのほとんどの形態の特徴的な徴候について文句を言う:温度の上昇、鼻のシングル化。全体的な状態の劣化、味と匂いのぼやけ、鼻の輻輳。

歯原性ヒモリット

歯の病気はENT器官の健康に影響を与え、これの証明は彼らの歯に従わない人々に現れる歯原性のヒモライトです。ジョーのムーエの4,5および6の歯の根は、ゲイモ州の副鼻腔の壁に非常に近いです。歯科疾患、歯科冠と根を打つ、副鼻腔の粘膜に感染して、副鼻腔内のPUを「放出」します。副鼻腔内に蓄積された粘液は、チャネルを詰まらせる - 副鼻腔炎が発生する。

燃焼の原因

Gaimorov副鼻腔は感染症に対する自然な障壁、疾患の原因となる疾患および空気中の他の陰性因子であるため、節熱器による疾患の主な原因は感染症の粘膜、アレルゲン、真菌に入ることです。炎症過程の病原体は血液を通して副鼻腔内に入ることができます。

粘膜の運転を検出することは、人の免疫系を弱めることができる:不十分な多数の白血球の排出の理由は、冷たい、orvi、鼻炎、アロージュ反応、疾患の不適切な治療の絶え間ない疾患である。

人は黄色球菌担体であり得るかの一種の有害な細菌である。免疫防御が弱まるとすぐに - Staphylococcusは彼の破壊的な仕事を始めます。

副鼻腔炎を引き起こす主な理由を割り当てることができる。

  • 粘膜を乱すスキマー副鼻腔の傷害
  • 風邪や風邪の治療法または不完全な治療法。
  • 病原性細菌、真菌およびウイルスの鼻咽頭を打つ。
  • 有害化学物質を持つ副鼻腔の粘膜の燃焼
  • クローズドルーム内の空気の加湿が不十分です。
  • 伝達された感染症:ORZ、インフルエンザ。
  • 鼻咽頭臓器の不適切な構造
  • 鼻隔壁の身体的損傷
  • 新生物の外観(アデノイド、ポリープ)。
  • 様々な刺激に対するアレルギー反応
  • HIV、AIDS、結核症。
  • いくつかの治療方法(放射線照射)。
  • 悪性および良性腫瘍の外観。

医学的事実:ヒモライトの発生の主な原因の1つは、鼻炎の治療のための液滴の頻繁な使用です。副鼻腔内の薬物を過度に頻繁に使用された結果として、ゲイモレット副鼻腔内の多数の粘液が形成され、チャネルの閉塞を鼻腔内に閉じる。

ヒモリット

症状

個々に、または同時にいくつかの邪魔な症状の出現は患者に警告する必要があります。副鼻腔炎の発症を発進させること - それは治療のための最良の時間を失い、脳の殻の炎症までの多くの合併症を反応させることを意味します。

痛み

注ぐセンセーションは鼻の地域に最も頻繁に現れ、それの活力の中に現れます。朝の痛みは、夜に激しくなる、痛みは弱いです。痛みは大きな自然を獲得します。インテキシーは数日から一対の1時間まで異なります。しばらくした後、痛みが特定の場所で感じられなくなり、頭痛が現れます。

温度

温度の上昇は、疾患の病原体の出現に対する体の反応であり、それは一般的な中毒のような現象を引き起こした - 体の中毒。疾患の急性形態では、温度は38度以上上昇する。ヒモロイトの慢性経過は、高温またはその増加を37~37.8度に引き起こさない可能性がある。免疫系の温度、体の特性、病気の年齢、他の疾患の存在は温度指標に影響を与えます。

副鼻腔炎の明白な徴候はたくさんの鼻です。病気のさまざまな段階で、Snotは日陰を変えることができます:

  • 疾患の初期段階では、白い鼻が放出されます - 感染症の場合、粘膜は積極的に保護液体を生成します - 白または半透明の粘液です。
  • 炎症の発達は緑色の鼻の抽出を引き起こし、それは副鼻腔炎が急性段階にあることを医師に伝えます。
  • 緑色の黄色い色合いに加えるPUの出現と緊急の医療介入の必要性を証明します。

Snotのフットプリントと血液の血液 - ハモライトの重度の形を示し、それが時間的に治療を開始しない場合に最も予測不可能な結果につながる可能性がある。血管のけがの損傷中、殻や骨織物の痛みを伴う変化の間に血を毒することができます。

Schimoriteは他の兆候の背景に対して発展します。

  • 鼻詰まり;
  • 男性が頭を傾けると鼻の中の圧力が上がる。
  • 障害
  • 無関心と速い疲労。
  • 寒気;
  • 鼻の周りの領域の痛み、目、生意気。歯茎;
  • 異なる強度の頭痛。
  • 食欲不足
  • 臭いがして味わうことが失われます。
  • 涙が出る。
  • 口と鼻の不快な香り。

診断

サモライ​​トを高い確率で診断することは、プロファイルスペシャリストに相談をすることが不可能であるならば、あなたはセラピストに任命する必要がある。

診断方法

疾患の診断は以下を用いて行われる。

  • アナムニーゼ:病気の歴史、患者の野外検査、患者の屋外検査、顔の野外検査、患者の野外検査からの分析。
  • 機器方法を用いた研究 - コンピュータおよび磁気断層撮影、輻射線図、超音波装置、副鼻腔の生検、繊維状内視鏡検査、隔膜鏡検査。
  • 試験の実験室試験:血液、鼻からの放出。

見かけの副鼻腔、ダイパロスコップバリオレートの異常を特定する - 医療器具「半透明」上顎。機器チューブの最後の部分には強力な光源 - 非常に明るい電球が含まれています。特別な暗くなった部屋では、医師は患者の口にツールを紹介し、上天国に光を誘導し、「半透明」副鼻腔を調べます。

繊維状内視鏡検査は、患者の鼻咽頭の検査が内視鏡で生産され、内視鏡で生産され、臓器を増加させることができる光学装置。現代の内視鏡は、解析のための織物の柵と鼻の内容の機能を持っています。

生検 - 特別なIGYを用いて鼻洞への浸透させ、粘液を炎症の場所から直接分析する。

プロフィールの医者を助けてください

診断が政権副鼻腔炎の徴候を明らかにした場合、患者は免疫学者、胎児専門医およびアレルギーと相談しなければならないでしょう:治療は外科的にのみ行われます。アレルギー剤の協議は、アレルギー性ヒモロ炎の検出が発生した場合に必要です。

疾患の歯腫形成形態の治療を成功させるためには、歯科医が必要になるでしょう:主な迷惑な要素を排除するために、あなたは影響を受ける歯の根を癒したり取り除く必要があります。

ヒモリット

処理

成功した治療への鍵は、資格のある医療のためのタイムリーな魅力です。 「それ自体を渡すことを願っていないのは、「後者までの痛みを許容しない」 - 医者にサインアップします。薬局で購入することができる塗装薬は病気を取り除くことはありません - 彼らは単に痛みを弱めるでしょう。

治療

急性ヒモライトの治療は、副鼻腔の粘膜の膨潤の除去および粘液の通過のためのチャネルの放出の除去にある。医師は、局所作用の血管収縮薬薬、例えばナファゾリンの血管収縮薬物を処方される。患者は薬を5日以下にします。高温をノックダウンするために、患者が筋肉の潤滑および筋肉の痛みを続けている場合、様々な解熱薬を排出し、その他の中毒の徴候は一般的または局所作用の抗生物質を処方されます。

慢性副鼻腔炎の治療における主な課題は、原因を排除することです:未実現のENT疾患、歯の疾患、鼻腔隔壁、アデノイドを誤って囲むことです。疾患が悪化している場合 - 悪化は局所作用の血管内投与薬によって除去される。

鼻腔副鼻腔を洗浄するために、洗練され、どの医師が「カッコウ」と呼ばれる:消毒溶液が鼻腔内を介して患者の後ろに導入される。この手順は、単語「ku-ku」を繰り返すための医療処置の要求のためにその名前を受け取りました - これは解決策が気道に入ることができないようにされる。手順の感覚は水の遅い「吸入」を伴う水への浸漬のようなものです。

理学療法

理学療法手順は治療の進歩を抱えている患者に処方されています。副鼻腔のチャネルは清潔で、温度眠りです。これらの方法の1つが加熱されている:それは青色のランプを使用して行われる。温暖化や吸入は、じゃがいもで触れたり、毛布で覆われたり、鼻の近くの地域に熱いゆで卵を塗ったりする、またはじゃがいもの上に上昇した、または吸入することができます。

副鼻腔炎から治癒する患者の場合、胞子療法は有用です - カルスト鉱山または塩鉱山の空気による治療、洞窟:この空気中に微生物はありません、二酸化炭素で飽和しています。

手術

発射された金型の治療、およびポリープおよび他の新生物の除去のために、外科的処置方法が使用される。

副鼻腔の穿刺または穿刺は、精製塊の診断および抽出のために特別な針を作ります。

GayRotomyは、外国人の体、PUSクラスター、チャネル拡大、または追加の粘液除去経路の作成からそれらを洗浄するための見かけの副鼻腔を開くための外科的操作です。 GUIDOMY処方:

  • 重度の形の精製炎症を伴う。
  • ポリープが検出されたとき、副鼻腔粘膜の組織の膨張。
  • 歯の根の部分を取り除くために、シール。

やるかどうか?

処置治療の場合、医師は、もちろん、患者の願いを考慮に入れ、干渉を避けるために最もわずかな機会を考慮に入れて保守的な治療を任命する。しかし、それは鼻洞の穿刺をするための専門家の持続的なアドバイスを聴くのに価値があります。束への恐怖は、友人、友人または親戚の物語の物語に基づいていることが最も頻繁にあります:「私は5回しました」と、穴は月に気にしませんでした。

ほとんどの場合、ゲイモロビ副鼻腔の穿刺に対する操作は合併症なしで発生し、創傷は人体に応じて別の日を癒します。穿刺は、医師がより正確な診断を診断し、急鼻腔を早く清潔にし、膿を除去し、治療を加速させることができます。

防止

見かけの副鼻腔内の炎症を避けるためには、いくつかの簡単な規則を実行する必要があります。

  • 鼻水、風邪、ウイルス性および微生物の疾患を完全に癒します。
  • 虫歯が現れるとき、歯科医に接触するように歯科医に接触するように歯の衛生を慎重に監視します。
  • ほこりの多い、煙の部屋での発見を避けてください。
  • 可能であれば、アレルギーの供給源を避け、アレルギーを訪問して、医師が処方された抗ヒスタミン薬を取ります。
  • より新鮮な野菜や果物があり、薬学で購入し、自然な免疫を維持するためにビタミン錯体を取ります。
  • 同じ目的で、冬の霜で冷たい水で枯渇するような極端なしに、徐々に徐々に始動することが可能です。
  • 病気の人々との接触や医療用マスクを使用しないでください。
  • 家族のメンバーが病気になった場合 - 別の料理を割り当てるには、タオル。
  • 鼻炎から虐待しないでください。
  • より多くの水を飲む。
  • 鼻を海の塩の塩で、または特別なノズルスプレーの助けを借りて洗ってください。

副鼻腔炎の病気を起こしやすい人々は冷たい空気中で小さくする必要があり、塩素化水プールでの入浴を避け、鼻腔の滑り膜の滑り膜を避けてください。

人がすでに鼻水を拾っていたら、塩溶液で洗い流してください。祖母のレシピを使用する:鼻孔のカモミールテーブルの解決策、姦術源の自然駆逐艦の溶液を設置してください。

参考:急性ヒモライト中の見かけの副鼻腔を独立して温めることはできません。高温は病気の発症を「拍車」しか治療し、さらなる治療を複雑にします。

ENT臓器の疾患の中で、ヒモライトは成人の中で最も一般的なものです。この用語の下では、鼻の上顎洞の上皮組織内に流れる炎症過程として理解され、一方、額面、上部および下顎に痛みを伴う感覚が与えられる。

正弦波は、十分でタイムリーな治療がない場合に危険であり、それは容易に慢性的な形態に入り、この段階は鼻洞のキャビティ内のPUの形成を伴うので、いくつかの合併症を引き起こす可能性がある。

成人における慢性ヒモライトの最悪の結果の中でも、髄膜炎、髄膜脳炎、脳浮腫(貝)および脳領域における膿の形成であり得る。これらすべての病理学は死につながる可能性があるので、時間経過に行動を起こし、この疾患の可能な症状に注意を払うことが重要です。

WHO統計(世界保健機関)によると、20歳以上のそれぞれの8人が急性(78%の症例)または慢性(22%)副鼻腔炎と診断されます。

雑音の兆候

感染を副鼻腔の面積に広めることを可能にする主な要因は、免疫を減らすことです(地域と一般の両方)。病理学的プロセスの病原体は最も頻繁に黄金の黄色球菌であるが、それはそれぞれのミクロフローラに存在する任意の微生物であり得る。

天然保護障壁はこれらの微生物の病原性成長と発達を抑制するので、それらは(そして彼らの生計)人を傷つけることができない。しかし、体が弱まる場合は、ブドウ球菌細菌の最大活性を明らかにするために優れた条件が作成されます。

ゲイモロビの副鼻腔の粘膜は最も脆弱であるので、感染過程はそもそもここで発展しています。

副鼻腔炎は、トランスファーインフルエンザ、ORVIまたはARS、ならびにウイルスや細菌によって引き起こされる他の病状の後にしばしば合併症である。 Hymicによって病気になる機会は、以下の前提条件を持つ人々が大幅に増加しています。

  • 鼻隔壁の先天性欠陥(曲線形式)。
  • 鼻骨への傷害(骨折およびその他の機械的損傷)。
  • 減少した温度(例えば、冷凍冷凍庫を備えた倉庫で)。
  • ポリープとアデノイド。
  • ファサンド薬の長期使用
  • 医者を推薦することなく風邪の治療の終了。
  • 鼻腔の解剖学的構造障害。
  • アレルギーの傾向。
  • 免疫不全
  • 細菌性、真菌またはウイルス性疾患の結果としての免疫の一時的な減少。

スキマロビ副鼻腔の炎症の最も一般的な原因の1つが、歯科医療への遅れの控訴および提案された治療の拒絶を含む貧弱な口腔衛生および貧弱な歯のケアであることを考える価値があります。

齲蝕やその他の歯の疾患に苦しんでいる人々は副鼻腔炎と洞の危険性が増加しています(炎症が正面の脳に影響を与える病気)。

炎症過程の始まりを指す第1の兆候の1つは、寺院を与え、徐々に額に広がる歯痛である。

急性段階はかなり急速に発展し、非常に痛みを伴う。体温は通常39度になります(場合によっては39.5度を上げることが可能です)。これは、病原性フローラが積極的に乗算しているという事実によるが、これは上顎洞のキャビティを投与し、免疫システムはそれ自身の力で悪質な細菌を破壊しようとしている。

副鼻腔の鋭い段階の2番目の明るい症状は、額、鼻腔内の鼻腔内、そしてジョーの痛みを伴う症候群です。鼻の翼を押すと、前方に傾くときに疼痛を大幅に強くすることができます。

急性型ヒモリティティー

「最速」の病原性プロセスを決定することを可能にする他の症状があります。これらは以下のとおりです。

  • 鼻からの放電(通常は粘液は透明な色合いがありますが、感染が取り付けられているとき、鼻が緑色になります。プロセスがPUの形成で進行すると、排出可能な含有量は黄色で塗装されます)。
  • 涙;
  • 光を恐れて
  • 英語英語。

疾患の急性段階の下で、人が匂いを区別するためにしばしば匂いを区別することを止めて、味受容体の作用において違反が可能である。

疾患が最終的に治療されなかった場合、慢性副鼻腔炎が発生します。この状態を診断することは、病原性プロセスの存在を示す可能性がある特徴的な症状は実質的にないので非常に困難です。

それにもかかわらず、成人における慢性ヒモライトの特定の徴候はまだ割り当てます。これは主に:

  • 薬物療法に与えない永久的な鼻水鼻。
  • 一般的な幸福の劣化(弱さ、性能の低下、眠気)。
  • 周期的な温度は垂下的な値(短期的)です。
  • 目の面積(内部痛)の痛みを伴う感覚。
  • 体の位置を変えると頭痛が増えます。

これは特別な病気であり、鼻腔の粘膜の刺激が外部刺激(アレルゲン)に入ることの結果として起こる。この種の病理学において起こるために、アレルギー剤とのわずかな接触でさえも。

成人におけるアレルギー性ヒモライトの徴候はかなり特徴です。主なものは次のとおりです。

  • 一日の夜に咳(医薬品の買いが不十分);
  • 抵抗性呼吸器障害
  • 鼻腔の前向き
  • 鼻からの粘液局は、側頭骨、額、頬骨の分野で痛みを伴う感覚と組み合わせて動く。

この形の副鼻腔炎では、音声の音声の変化を観察することが非常に多くの場合、特徴的な「hoarse」が現れる。

アレルギー性ヒモロチス

副鼻腔炎の治療戦略は、患者でどのような病気が診断されているかによって異なります。例えば、ゲイモレット副鼻腔のアレルギー性タイプの炎症を排除するために、顕微鏡投与の局所投与は、自然な生涯免疫を生産するためにしばしば使用される。アレルギー性副鼻腔炎は外科的介入を必要としない - 治療は控えめに保守的な方法で行われる。

ヒモリ炎の急性および慢性的な形態の状況は非常に異なります。初期段階で(複雑なものがない場合)、処理は外来の条件で許可されています。統合療法が患者に割り当てられています。

医者議会

頸椎の​​マッサージの10-15セッションから良好な効果が観察される。血液循環の改善は体の保護力を増加させ、慢性プロセスの悪化を妨げるか、治療的対策の複合体の回復に貢献します。

  • 特別な調製物や食塩水を用いて鼻腔を洗浄する。
  • 抗生物質の使用
  • 抗ヒスタミンの受信。
  • 生理;
  • 免疫調節剤およびビタミン(必要ならば)。

鼻洗浄。 この手順は、粘液が鼻腔内に蓄積され、多数の細菌、ならびに微生物の生産性生成物を含むので必要である。回復をスピードアップするには、薬物を使って粘液を取り除く必要があります。

これらの目的のために、海水上で調製された組成物が使用されます:Aquamaris、Akvalor。また、鼻を洗うために食塩水によって使用することができます(独立して調製された、または購入した薬学)。

抗生物質 地方副鼻腔の炎症は細菌によって引き起こされるので、これらの薬物を使用せずにはできません。各特定の場合において、医師は個別に最も効率的になる医薬を選択し、最適な結果を与える。

ほとんどの場合、以下の抗生物質は成人患者を治療するために使用されます:「Amoxiclav」、「アモキシシリン」、「マクロプン」、「ジトロリド」、「Zitrolide」などが病原性植物を殺し、7-10日の疾患を取り除くのを助けて。

抗ヒスタミン豆 アレルギーを防ぐために使用されます(必要ならば)。これらの薬には、「Zirtek」、「Supratin」、「Tueva」、「ジアゾリン」、「ロラタジン」などが挙げられる。

身体的。 慢性副鼻腔炎の治療によると、UHF手順(鼻腔副鼻腔を加熱する)が得られます。通常、5~7セッションが大幅に改善されるために必要です。 UHFを実施する可能性に関する決定は、耳鼻咽喉科医によって受信される。鋭い段階では、炎症領域は不可能です。

診断では、先行場所はX線撮影、CT、MRI頭蓋骨副鼻腔によって占有されています。彼らは炎症性プロセス、PUS、嚢胞、浮腫の存在を示しています。これは、患者の戦術を選択するときに重要です。

鼻を温める

副鼻腔の避難 この方法では、副鼻腔を精製コンテンツからすばやく清掃することができます。それは疾患が弱いまたは平均的な重症度がある場合にのみ使用されます。

患者はソファ上に置かれ、その後、柔らかい先端を有するカテーテルが1つの鼻孔に挿入され、別の特別な吸引。洗浄のために、フラシラチナ溶液は消毒剤および抗菌性を有し、それは感染の再発を防ぐことを可能にする。

手順中の患者が選ばないように、彼は常に「久留」という言葉を全く発話する必要があります - それは解決策への解決策と気道の中での解決策を妨げます。

穿刺(穿刺)副鼻腔。 この方法は外科的であり、これは、GaIMORE SINUSと鼻ストロークとの間に位置する骨パーティションの穿刺を実行する必要があるので。滅菌針を介して、医師はSurmonを注ぐためにサケの腔を洗い、患者の口を通して特別な容量に流れるケイレン含有量を除去する。

シミモロライトは、生命を脅かす(髄膜炎、脳面積の膿の蓄積など)合併症の発達を伴うことができるので、危険で重い病気です。

患者が副鼻腔炎で診断されたENT医師が、規定の治療法に真剣に関連しており、専門家のすべての処方を厳守してください。これは深刻な結果を回避し、健康を保つのに役立ちます。

ヒモリ炎の診断と治療については、ビデオを参照してください。

この記事は既存の資格の医師によって確認されています

ビクトリアドルツヒナ

そして、それはサイトのユーザーのための信頼できる情報源と見なすことができます。

評価

記事をどのように役立つかを評価してください。

3.3。

8人が投票した、

平均評価3.3。

あなたは記事が好きでしたか?負けないように壁に節約!

質問がありますか?

無料または有料モードで刺激的な問題で、医師の質問に尋ねて、ラウラの相談をオンラインで注意してください。

私たちのウェブサイトでは、アパートは働いており、あなたの質問を2,000人以上の経験豊富な医者を待っています。健康になる!

Schimoriteは上顎洞の炎症であり、これは彼の英語のent医師を説明する最初の時間の名前によって、Gaimorと呼ばれます。それは直径1~3mmの狭い出力孔(オッズ)の鼻腔に接続されている(ペンの直径よりわずかに大きい)。鼻腔の炎症は浮腫を引き起こし、そして浮腫は急速にこれらの同じ感謝を重ね合わせる。その結果、副鼻腔のジャイモーゼはまず部分的に閉じており、時間通りに治療を開始しないと完全に遮断されることが判明した。白血球は炎症と戦うためにブロックされた洞に急いだ。証明の学校コースから、確かに彼らの仕事が感染を破壊することであることを忘れないでください。だから急性状の胆管副鼻腔炎を始めます。この時点で正しい治療が開始された場合、副鼻腔炎が浄化されたり慢性的な形に入る可能性は非常に大きいです。

精製副鼻腔炎:治療と適切な診断

外来細菌の数は巨大であり得、そしてそれに応答して体は同じ膨大な量の白血球を生産する(白血球症としてそのような症状と診断された)。一般的な血液検査における白血球レベル、そして通常の血液検査における白血球準位よりも大幅に高く、そしていわゆる炎症を起こした血液を示すであろう。

しかし、白血球が感染を克服して死ぬことができないことも起こります。 PNUが形成される - 死んだ白血球の蓄積。それからこれは精製副鼻腔炎です - 治療は即座に正しいものでなければなりません。

粘液の汚れがゲイの副鼻腔から抜け出すことができないとき、彼らは「さまよう」し始めます。賢明な人は理解するでしょう - それはLor Clinicでの時間です。脳の横に染色された黄色い炎症を伴う、それは冗談を言うことではないです!慢性的な形状やその他の危険な合併症への移行を待たずに、医師に連絡する必要があります。

1234.jpg。

ハイモライトの合併症

二次リヒンゲン髄膜炎(脳殻の炎症)は、おそらく副鼻腔炎の最も危険な結果である。しかし、他の関節関節頭蓋内合併症もまた最高の生活習慣的な買収ではありません。

副鼻腔炎の疑いがあるとすぐに、経験豊富な医師を緊急に探す必要があり、治療を開始することが必要です。

副鼻腔炎を認識する方法:症状

Schimoriteの最初の兆候は絶えずレイドアウトされています。通常、最前線は炎症の側面に感じられています。両側に二国間 - ベローズのように見えることができます。

他の症状は転写内の圧力です。しばしば - 頬の領域の痛み、そして塔の底にあります。患者は眼球や下のまぶたに圧力を感じることができます。午前中に、痛みは通常見えないが、夕方には非常に有形になります。フレアの局在化のために、患者はその理由が単に頭痛の中であるように思われることがある。人の認識におけるゲイモール洞の痛みは、上顎の歯に移すことができます。

1234.jpg。

しばしば副鼻腔炎の兆候 - 膨潤と下のまぶたに腫れます。そして時々炎症の側に - そして上部。

不快な香りを持つ黄色と緑の鼻の放出 - 炎症のもう一つの兆候。

温度計は通常最大38℃以上です。しかし、虚骨(37.1-37.5°с)ヒヤラト中の温度 - 符号はまれではありません。それは慢性的な炎症を伴う頻度で起こります。

副鼻腔炎の慢性的型は長くて遅い流れによって区別され、患者の人生の質を悪化させる症状を伴う。

食欲の疲労と喪失は急性および慢性のヒモライトの両方の徴候です。患者では、全体的な弱さ、通常は性能が低下し、落ち着きのない睡眠を妨げるために

1234.jpg。

自己引き続き要因

鼻孔が変形した人は危険です。肥大(拡大)鼻の下の殻も出口を閉じるので、疾患の発生にも寄与しています。鼻腔内の他の解剖学的変化もまた副鼻腔炎を誘発する可能性がある。

Lauraの医師自身が通常「プラス布地」と呼ばれているという事実、鼻腔内のポリープと不完全な副鼻腔、嚢胞性教育、その他の成長も副鼻腔炎のリスクを高めます。

罹患疾患、アレルギーおよび自己免疫型疾患による局所性免疫防御の弱いこともまた炎症の発症に寄与することができる。

環境環境要因も環境要因を引き起こす可能性があります。ガスの獲得、生産における有害な条件、ほこりなど。

ヒモリ炎の治療方法

前述のことから、疾患の要因がそれぞれ異なることが明らかであり、回収率は個別に選択される。しかし、医師の最初の課題は常に - 「オートカッピング」は、粘液と膿の流出の可能性を確実にするために、エッセイによって閉じた致命的洞の損傷の損傷の損傷の損傷を受けています。

サモライ​​トの穿刺なしの現代治療

穿刺なしで副鼻腔炎を治療するために、「柔らかい」抗菌療法、すなわち抗生物質を使用して、平均作用力を話す。ノルモフロリン、LineX、BION-3などはほとんどプロバイオティクスの間で最も頻繁にあります。浮腫を除去するための規定の製剤、ならびに導電性作用。鼻粘膜を回復するために軟化手段を使用する。 Pinsol、Euphorbium複合材料などでもかまいません。粘膜を回復させるために、上限が最もよく使用されます。微生物や炎症を起こした塊から身体を節約するために、不完全な副鼻腔は、アクアル、ドルチン、アクアマリス(医師の選択、もちろん、患者の寛容に応じて)で洗浄されます。

「カッコウ」(全ての不完全副鼻腔を洗浄する)は、粘液精製剤を抽出するための手順、ならびに鼻腔および鼻咽頭の防腐剤および抗菌処理のための手順として処方される。

Gaimoriteでの理学療法

そのため、優先タスクは解決されています - 副鼻腔からのPUは削除されます!補助手続きの時間がかかる。この目的のために、赤外線レーザーのセッションとバイブロース系療法は効果的であり、鼻腔内移動の粘膜の水晶(UFO)である。

外科的方法

副鼻腔炎が発射されると、1つの薬がもはや費用がかかりません。それから穿刺しなさい。あるいは、医療言語で話す、Gaimoreskoy洞の穿刺。目標はまだ同じです - 粘液のために粘液に抽出され、薬を炎症を起こした場所に送達します。

上顎洞の穿刺 - 治療診断手順。副鼻腔炎の種類を決定することが困難である場合、あるいは患者の疾患の外観のために疑問がある場合には、症例で行われる。

すべての完璧な近代的な機器では、研究の結果、患者の苦情、および病気の抽象データがお互いに矛盾する状況があります。医者が事件が何であるかを理解するのに役立ち、すべてのポイントを「私」の上に穿刺するだけです。

友達!タイムリーで適切な治療はあなたに間もなく回復を提供します!

患者の恐れにもかかわらず、Kulikovskyの副鼻腔の穿刺は最も効果的な技術であり、それが副鼻腔炎の治療の非外科的方法よりも多く使用される理由です。

img_9710.jpg.

診断を入れた後、ENT医師は疾患と治療の可能性について患者に知らせますが、穿刺をするかどうかを決定するためには、患者がしなければならないでしょう。

SinusカテーテルYamik:それはPanaceaですか?

私はすぐに言って、Panaceaではありません。しかし、ヒモライトの治療のためのこの技術の欠点もあります。そしてAlAs、かなり重要です。

  1. Yamikカテーテルはドライクローゼットで殺菌することは不可能です - それは単に溶けています。オートクレーブで - 難しいですが、できます。オートクレーブ処理後、ゴムの性質が変化しているので、それほど弾力性がないようになり、バルーン自体はしばしば接着され、その後の洗浄には困難になります。滅菌するための別の方法は消毒溶液である。しかし、あなたがその濃度で移動すると、気球の鞘が落ちることがあり、そしてボールは手順で壊れる可能性があります。鼻咽頭におけるボールの爆発はけがであり、予期せず、医師を不可能にすると主張しています。ツールを滅菌します。内閣またはドレッシング看護師。
  2. 1つのyamik手続きが実行されます - 1つの炎症側のために。二国間炎症を伴う、あなたは本格的な第二操作をする必要があります。
  3. Yamik-Catheterizationは無効であるか、またはそれはより正確には、自発的な鼻隔壁の患者のために実行することは困難です。
  4. 鼻腔の粘膜と強い接触によるYamikカテーテルはそれを重なり、そして強くそして不十分な出血を引き起こす。鼻の前夜の問題はきれいに解決されていますが、「開示」されているのであれば、鼻腔の後部部門であれば、すべてがはるかに複雑です。
  5. 副鼻腔を洗浄するYamikは、流体の軽量な動きのために起こり、それはプラスチック注射器のピストンを作ります(一人当たり)。したがって、副鼻腔は炎症を起こしたゲームの正確な薬物について話す必要はありません。
  6. 圧力下のPUSがそこに着くことができるので、精製塊によって、精製塊によって健康な隣接副鼻腔を浸透させる可能性がある。そして炎症を起こした副鼻腔技術だけで洗い流し、AlAsは許可されていません。
  7. はい、穿刺はしません。しかし、鼻咽頭におけるバルーンの量の増加は、患者が穿刺に同意しなかったことを後悔するように非常に痛いです。そうでなければ、それは不可能です - あなたは洗濯のために一定のレベルの圧力を作る必要があります。
  8. 1分間、副鼻腔をすすいではありません(もっと正確には、もちろん、ハローボ)。品質手順は10~15分かかります。そうでなければ、無効には不可能です。そして今回は患者が痛みからの患者のモンス。麻酔にもかかわらず。完全な痛みの軽減の技術、ALAは提供されていません。
  9. 自発的な鼻隔壁では、Yamikカテーテルは時々ピンセットを挿入し、力とともに挿入されることがあります。それも傷つけます。そしてカテーテルは壊れることがあります。
  10. そしてさらに重要な詳細:医療準備とメダンスのコスト。この手順では、患者はYamik-Catheter自体、および麻酔のために、そして洗濯のために支払わなければならないでしょう。二国間の炎症の場合、操作は2組の薬物、2匹の麻酔、粘膜の二国間還元と二国間洗浄となる。高価な。 2倍の長い。そしてそれはまた2回傷つけます。

もちろん、Yamikは刺激的ではありませんが、洞を持つPanaceaではありません。しかし、医療広告を読む患者は、既に医者に耐えるために医者に耐える必要がある場合にのみこれを理解し始めます。そして彼が医者に耳を傾けなかったことを後悔しています。

だから副鼻腔炎を治療する方法は?回答!繁雑!

副鼻腔炎ジママーを治療するためには、包括的な技術を適用することをお勧めします。その一般的な意味は、薬物療法との組合せの組み合わせで、液体を移動させることによって副鼻腔を洗う(「カッコウ」)。パンチ - すでに極端な場合に。

ヒモライトの総治療戦術は以下の通りである。

  • 全体として鼻粘膜の浮腫を取り除きます。
  • ほこり帯のエコムウマブ膜を除去する。
  • 不完全な副鼻腔の真空洗浄の手順 - 「カッコウ」を実施しています。
  • 鼻粘膜が洗浄された後、それがきれいになったとき、キャビティを鼻腔咽頭に洗浄する - ジオキシンを有する。
  • 赤外線レーザー療法のセッションを実施しています(レーザーは浮腫と鼻粘膜の炎症を除去します)。
  • 鼻腔に紫外線効果(石英)​​を延ばします。 UFOは鼻腔内の微生物を殺し、粘膜膜を殺菌しそして乾燥させる。
  • 私たちはバイブロース療法のセッションを実行します(Bibroacoustyは超音波に似ています。デバイスは異なる周波数で機能します。センサーは、ゲイモロビの副鼻腔の投影の中で皮膚にあり、その結果、副鼻腔に直接骨に影響を与えます。組織と毛細管血液循環が改善され、スニーカーの炎症は鎮静します)。

各方法および各手順は病因的に実証されている。 1つのマシンは別のマシンに置き換えられません。複合体では、この技術は優れた結果を与えます。それは3年から子供さえ忍容性が高くあります。ヒモライト硬化の最終的な個別変異体は、炎症過程の強度、PUの量、疾患の処方およびその他の要因に依存する。

しかし、私は州医療機関からの同僚を許してください、それを従来の診療所でそれを作りましょう、ほとんどの可能性は成功しません。患者自体の物語によると、イベントは展開されています。患者は診療所で鋭い副鼻腔炎を伴うでしょう。そして、彼はここで、ここで穿刺、診療所で、または病院に行って、あなたが望むようにあなたを扱うこと、または穿刺と入院の拒絶を書いてください。だから彼らは心配して強化するためにします。何かがうまくいかない場合は、議事録があるでしょう、そして質問に尋ねる、なぜ穿刺がヒモライトの間に提供されないのか、医者は非難しません。プラス - 患者の流入。戦術は簡単です:私は患者を病院に送った - そして準備ができています!診療所における副鼻腔炎の穏やかな個別化された統合処理が提供される可能性があります。 Yamikを言うまでには言うまでもなく、「カッコウ」を患者の病気の状態にしてください。彼らは単にそこにいません。

したがって、私たちのために扱われるようになる。

病気にしないでください!

そしてこれが起こったら、受信に登録してください。 coll!

1234.jpg。

常にあなたのZaitsev博士。

ヒモリット

副鼻腔炎からの治療方法について話す前に、我々は解剖学において小さな小旅行を手配します。

多くのチャンネルを通る人間の鼻腔は、不完全な洞によって、周囲のアパレル洞に報告されています。合計で、7:2の前部、2つの上顎、2 - 格子迷路と1つのメイン(くさび形)。これらの副鼻腔は、偶然にはなく人間の頭蓋骨の進化中に形成された:それらは重要な緩衝液、共鳴、保護および受容体機能を実行する。著者の名前 - Gaimorovのうちの2つだけが2つだけです。名前は、XVII世紀の中で、英国のNathaniel Gamorの名前によって与えられます。

英語の医師は、位置の特徴(鼻の腔と連絡するだけでなく、上部歯科列にも連絡するだけでなく)とトップレス洞の壁の厚さのために、これらの副鼻腔の病気に注意を向けていませんでした。はるかに可能性が高いです。発生率統計は、少なくとも10分の1がこの病気に遭遇し、副鼻腔炎を迅速に治療する方法を疑問に思っていて、病気が慢性的なキャラクターを獲得した方法を疑問に思い、永遠に罪人を治癒する方法を疑問に思いました。

なぜ発生し、Hymoriteがどのように明らかにされているのか

上述のように、上顎洞は鼻のキャビティと連絡され、したがって、鼻炎(Rhinar)を伴う急激な呼吸器疾患を伴って、副鼻腔炎が起こる。疾患を引き起こした微生物の性質に応じて、それはウイルス(リノウイルス、コロナウイルス)または細菌性(ストレプトコッカス、ブドウ球菌、血友病スティック)であり得る。したがって、鼻病の治療がタイムリーで適切であったように、副鼻腔炎の予防にとって非常に重要です。炎症が歯の根の洞(深い虫歯で、インプラントの設置、失敗した歯の充填)に浸透した場合、歯原性正弦鉱石が起こる。二字性鼻生成とは異なり、それは通常病気の歯の側面に1つの洞に影響を与えます。

鼻構造の鼻の発生の危険因子(ポリープ、鼻孔区画の曲率)および悪環境への影響(タバコ煙、刺激性)、ならびに慢性疾患の存在の存在。鼻および副鼻腔の膜または鼻粘液の一貫性が変化し(原発性、慢性鼻炎、胃食道逆流症)。

副鼻腔炎は急性であり得る(回復後に症状が完全に消失している)、再発性(年間の疾患の4つ以上のエピソード)または慢性的な形態に入る(疾患の症状は12以上維持される)。

ヒモリット

Schimoriteは次のような現象で現れることができます。

  • 体温を高める
  • 鼻からの排出(ウイルススウィン粘膜を持つ、細菌の植物の植物粉末の付着)鼻の輻輳。
  • 咳(後壁で分離された咽頭の流れのため)。
  • 頭痛;
  • 副鼻腔の投影における痛みを拡大し、プレスしてヘッドを傾けたときに増幅する。
  • 匂いの感覚の侵害。
  • 口の不快な香り。
  • 副鼻腔投影における顔の柔らかい布の腫れ

副鼻腔炎の適切な治療がない場合、局所の合併症は、近くの臓器の炎症の蔓延のために、そして全身性が可能である。

К 地元の合併症 疾患には、耳(耳鼻炎)、鼻および咽頭組織、鼻腔内組織(アデノイト、扁桃炎)、眼(軌道の痰繊維、神経炎)、上顎の骨の骨の融解(骨髄炎) 、前頭洞および格子骨の細胞上のプロセスの分布。上顎副鼻腔からの感染症は、気管​​支炎および肺炎の発症を抑制し、誘発することができます。

ために 慢性的なプロセス ポリープを形成するために副鼻腔粘膜の過形成プロセスを開始します。ポリープ、激怒、息を吸収することを困難にし、気管支肺疾患の発生を引き起こします。

三叉神経のゴムア洞の壁に近接しているため、彼の炎症は起こる可能性があります - 神経炎。この合併症は、下眼瞼、上唇、ガム、および上顎の歯および歯の分野において、非常に強い痛み(神経痛)を伴う。

最もひどいものです ヒモリタの頭蓋内合併症 これはしばしば患者の死の原因である:髄膜炎(脳 - 殻炎症)、脳膿瘍および海綿状洞の脳膿瘍およびセレブス(脳殻構造の閉塞詰まり、脳からの静脈内流出)。頭蓋内合併症の発症を疑うためには、患者が焦点の神経学的症状に現れると、頭痛の強度が大幅に増加し、意識が乱されます。

副鼻腔炎の診断を設置することは、一般開業医または耳鼻咽喉科医にすることができる。苦情を集めた後、専門家は副鼻腔の面積と触診(鼻腔の検査、粘膜の膨潤と発赤が検出され、真ん中の鼻の病理学的排出)そして咽頭鏡検査(後壁で分離された流れを見るのを助ける)。

必要に応じて、顎鏡検査を行うことができます(洞壁の違いの検討)、副鼻腔の超音波調査(液体や嚢胞のレベルを明らかにするのに役立ちます)および鼻腔の内視鏡検査。追加の研究方法として、見かけの副鼻腔のX線撮影またはコンピュータ断層撮影が規定されている。ヒモライトの診断のための現代の勧告に従って、日常的な研究としての見かけの副鼻腔のX線撮影の行為は、低い情報を念頭に置いて実用的ではないと考えられています。特に複雑なサモライト形態では、コンピュータ断層撮影が好ましい。

ポリプロースプロセスが疑われる場合、鼻の見かけの副鼻腔の磁気共鳴イメージングを実行することもお勧めします。

副鼻腔炎の形質由来の性質を疑うと、整形外科検査も開催されます。病原体の種類によって抗菌薬をより正確に選択するために、細菌学的播種に排出された排出を得るために、ゲヤミネス副鼻腔の診断穿刺が時々あることがある。

医者でのレセプション

ヒモライトをどのように扱うか

副鼻腔炎の治療は複雑です。その基本原則 - 鼻の副鼻腔の普通の換気、炎症性滲出液の流出のための条件の創造と感染に対する闘い。

まず第一に、薬物は様々なグループに規定されています。 ファサンド (Degrestants)は7日以内に任命され、1日2~4回(期間)の頻度があります。これらの規則の違反は、依存性症候群 - 薬物鼻炎の発症につながる可能性があり、それに続く対処することは非常に困難です。滴は投与量が難しく、ほとんどの活性物質が焦点に到達しないため、咽頭に染み込まず、焦点に到達しないため、投与量の薬物の形で血管内薬物を使用することをお勧めします。

抗炎症薬 内側の非ステロイド(NSAID)とグルココルチコイドの両方がスプレーとして局所的にあります。副作用の数を最小限に抑える薬物の局所的な使用が好ましい。グルココルチコイドは、ケイ素プロセスで禁忌であることを覚えておくべきです。

粘膜の浮腫を除去するためにも 抗ヒスタミン薬 なお、ツール3と4世代を使用することが好ましい。

炎症性滲出液を分散させるために、副鼻腔が使用されます ムコリチキ (合成由来と野菜起源の両方)。

病気がウイルス炎症に限定されており、細菌叢が結合しない場合、洞の治療は抗生物質の目的なしに行われますが、このコースは周囲のミクロフローラの攻撃性のためにめったにありません。したがって、ハモライトのほとんどの場合は細菌感染症の添加と必要とされます 抗菌療法 。半合成ペニシリンは、少なくとも1週間の期間を有するフルオロキノロン、マクロライドを処方されている(特に阻害剤)、マクロライド。

家庭用副鼻腔内容物を避難する 滅菌塩溶液 .

記載された方法の非効率性を有する 見かけの副鼻腔を洗う Ent Doctorを実行します。人気の真空洗浄「カッコウ」とヤミックカテーテルの課題。場合によっては、見かけの副鼻腔の穿刺(穿刺)が必要です。これは副鼻腔の内容を除去するだけでなく、防腐剤を導入することによる手順患者の間では、極端な痛みや外傷性の穿刺についての意見がありますが、これは妄想です。

薬用療法と操作の使用に加えて 物理教会 :磁気療法、医学電気泳動、レーザー療法、給水療法(塩吸入)。しかしながら、理学プロセッサの目的のためには、副体温および精製プロセスが存在しない、副鼻腔内容物の良好な流出を遵守することが必要である。病気の病気の激化時の使用は反対の効果を生み出す可能性があるので、急性プロセスの段階または寛解中(慢性ヒモライトで)の段階に医学を実行することが賢明であることを覚えておくべきです。 。

Hymoriteの間に国家規格を行うことをお勧めします 磁気療法 様々なモードで。粘膜の領域への磁場の影響は粘膜の膨潤を減少させ、粘液を生成するガラス電池の動作を改善し、軽い鎮痛効果を有する。現在、自宅でいつでも手続きの利用可能性を実現する医学的秩序市場には携帯用磁気療法装置があります。

ヒモライトの動態について話すことは、そのような方法についても言及したいです。 テープラ療法 。 2つの暑い卵を調理した人々の潜水艦の全体的な兆候は、炎症を起こした副鼻腔の投影の上顎区域に適用されます。そのような操作の意味は、ウイルスを破壊し、浮腫および炎症ゾーンの痛みを減少させるために、過熱療法(40~45℃)の局所帯を作り出すことである。しかし、この方法では、高温を維持するために長時間が維持されず、現代の熱治療器装置デバイスが成功する。今日、患者は熱治療装置が利用可能であり、それは特別なスキルを持たずに自宅で使用することができます。急性プロセスの詩の段階または寛解中(慢性ヒモライト)の段階に医学を実行することが望ましいことが覚えておくべきです。病気のランクの際の適用は逆の効果を持ち、炎症を促進するかもしれません。

健康的なライフスタイル、硬化、orvi予防、医師の推奨事項の遵守、疾患の悪化防止のための磁気療法と熱的手順の定期的な使用 - これは、「ハモライトを永遠に取り除く方法」という質問に対する答えです。

医者に質問をする

トピック「シミモロイトの扱い」に関連付けられていますか?あなたの医者に尋ねて無料の相談をしてください。

Schimorite:成人の症状と治療

この記事から、あなたは学ぶでしょう:

  • あなたが副鼻腔炎(徴候)を持っていることを理解する方法
  • その場合、温度なしで進行する
  • 成人のヒモロ炎の治療方法、
  • ヒモライト、ドロップなどで飲むのはどのような薬を飲みますか

副鼻腔炎は、急性感染症(ARVI、インフルエンザ)の発症、鼻の慢性炎症性疾患、ならびに炎症病巣の存在下での合併症として起こる可能性がある、グムリ副鼻腔の粘膜の炎症です。上顎の側歯の根の上部。アレルギー性鼻炎の患者の存在は、この疾患の発症の素因因子でもあり得る。

副鼻腔は空気で充填された空気によって押され、それは内側から粘膜で誘起される(図1-3)。彼らは鼻の見かけの副鼻腔に関連しており、それらは上顎洞とも呼ばれます。したがって、副鼻腔炎は「上顎副鼻腔炎」という用語で表すこともできる。だから上顎の厚さの各人は副鼻腔の2つのゲイ薬(各側面上) - 副鼻腔炎は片面か二国間であり得る。

CTの図と写真のGaimorovy副鼻腔

上顎(側面図)におけるゲイアモア洞の配置の計画  Hymorovy副鼻腔のコンピュータトモグラフィー(それらの中で炎症がないことをどのように見ているか)  両面ヒモライト。粘膜は急血栓で急激に増加し、粘膜が急激に増加しているので、副鼻腔がPUおよび/またはPolypsで満たされていることが明らかに明らかに見られます。

あなたがサモロイトを開発したと仮定した場合、成人の症状と治療は非常に変動し、そして炎症過程の形とその流れの性質に依存します。副糖の感染源はまた、成人の副鼻腔炎の最初の徴候に大きな影響を与えるでしょう。感染症は、(ノーズキャビティから)、臭気のある性質(根から5~6-7の上の根の上から)であり得る。

しかしながら、患者が鼻側から同時に副鼻腔内の感染を有し、歯の側面からの副鼻腔炎の最も深刻な形態は起こる。この場合、混合ミクロフローラは副鼻腔内に存在し、ほとんどの抗生物質に対して耐性がある。また、自己治療の長期的な経験(抗生物質の定期的な摂取)、そして浄化的な炎症を除去するための患者において、深刻な流れが観察され、そしてそのような患者では非常に困難であり、それでもそれらはまだ合併症の質量を有する。

成人のヒモライトの徴候 -

ヒモロイトの徴候は、疾患の形に依存する - それは鋭利なまたは慢性的な、ならびに炎症過程の性質上であり得る。炎症の形の鋭い弦炎は、静脈瘤、浄水、ポリヒント、および精製ポリ]で、漿液性および漿尿性、および慢性副鼻腔炎に分けられる。さらに、副鼻腔炎の最初の症状は、感染源として奉仕しているもの、または上側歯の根の炎症に関連したこの「歯科感染」に応じて異なります。

急性ヒモライトの症状 -

リノゲン副鼻腔炎(それは時々「鼻尿症」と呼ばれる) - 通常、アレルギー性鼻炎の背景に対して、または鼻の慢性炎症性疾患の背景に対して、またはインフルエンザの感染性疾患を伴う急性血管内の背景に対して生じる。 。後者は通常、一定の鼻の混雑を伴い、尾根を顕著ではありません。この場合のヒモライトの開発は、鼻の動きの粘膜の浮腫および粘液生成物の増加と関連している。

ほとんどの場合、副鼻腔炎は急性鼻水の背景に対してorviとインフルエンザ

事実は、各ガムト腺が小さな脂肪(穴)で鼻のストロークと連通していることです。これらの穴は、粘液からの副鼻腔の換気および生理学的洗浄のために設計されており、陰茎病原性細菌に入る上皮細胞。鼻腔内の粘膜の結果として生じる浮腫は、その体積の増加をもたらし、それはこれらの基本の部分的または完全な重なりをもたらし、粘液流出を損なう。繁殖細菌と炎症の発症のための良好な条件を作り出すもの。

患者の急性のクローニック副鼻腔炎(走りや鼻の渋滞に加えて) - まず、通常は倦怠感について心配しています。初期期間において、炎症は漿液性の性質を有し、副鼻腔内のPUの形成はまだ起こっていない。この期間中の鼻からの粘性の割り当ては、不快な臭いなしでは透明な色を持っています。温度は通常正常であるか、または温度を上げることができるが、これは漿液性ヒモライトの発達と結合していないが、主な疾患(例えば、ORVIおよびインフルエンザ)。この段階でのタイムリーな対策がない場合、漿液性副鼻腔炎は精製剤に変わります。

Sinteogenic Samoriteの最初の症状 :

統計によると、ヒモリタイトの発汗起源は、約62%の患者、そして全ての症例の30%以上で観察される - 副鼻腔炎は歯原性の性質を有する(つまり、主に根の根の頂部に炎症性焦点とつながっている。 5-6-7上の歯)。多くの患者が副鼻腔の感染の組み合わせを有することがあることに留意されたい。臭気炎性の副鼻腔炎では、患者は、上顎の側歯の側歯のうちの1つに疼痛または不快感に先行した症状の発生を思い出すことができる(24stomar.ru)。

痛みは急性であるかもしれません、あるいは誇りに思っている歯のときだけ起こるかもしれません。多くの患者では、歯磨きは完全に存在しない場合があり、この場合、因果的歯はX線によってのみ定義することができる。非常に最初の症状の中で(歯の痛みに加えて)、それは通常補うためだけに注目されています。したがって、脛上鼻腔内副鼻腔炎の開発における鼻水および鼻の住宅ローンは通常存在しません(鼻からの放電は後にのみ現れ、鼻水とは関連していません)。

雑音で根底にある炎症 -

5つの歯の根元の上には炎症性焦点(屈折率嚢胞)があります。白い矢印はゴモート洞の分野における炎症性変化を示す

漿液性副鼻腔炎を浄化するときの症状 -

漿液性ヒモライトでは、ラマール洞の粘膜の急激な膨潤が現像されており、それは副鼻腔と鼻腔との間の故障または完全な閉鎖をもたらし得る。さらに、粘液製品の急激な増加があり、漿液性炎症性滲出液の形成(この段階での副鼻腔内のポンプは依然として欠けています)。これはすべて、漿液性炎症の精製、およびヘイモライトの症状を急激に導きます。

急な透明な副鼻腔炎は、すでに問題なく正しい診断を確立することを可能にする特徴的な症状を有する。また、急性の精製ヒモライトでは、診断診断を確認できるようにするために、X線写真やコンピュータ断層撮影(CT)の画像に既に具体的な変更があります。

急性の精製ヒモライトの徴候:

  • 一般的な症状:弱さ、嗜眠、臭いの弱化、チル、食欲不振。
  • 体温は37.5~39.0度(時には高い)に上昇します。温度上昇の程度は、特定の人の体の免疫系の感染に対する反応の特異性に依存します。それら。あなたが通常の温度上昇せずに冷たいを続けるならば、それは強く持ち上がった温度と急性の精製のヒモライトであると予想されません。
  • 1つの洞のみの炎症の発達には、人の適切な半分に重力感があるかもしれません。
  • 前壁の突起の中で皮膚を押すと痛みが感じられます。さらに、炎症洞の突起(通常は上顎の5~6-7歯)に位置する歯を叩くときに、痛みや不快感が発生する可能性があります。
  • 炎症を起こしたギモア洞の側面の鼻ストロークから、精製滲出液によって区別される傾向があります(ヘッドが前方に進むとその消火が増加します)。枕カバーの朝、患者はしばしば鼻から漏れた膿の穂に気づくことがよくあります。だが!副鼻腔から鼻腔への滲出液の流出が完全に乱されている場合、この症状は存在しない可能性がある。

    精製した旋回鼻からの鼻からの精製放出の選択

  • プリューレント含有量の副鼻腔からの流出が違反した場合、最初の周期的には起こり、次いで一定の増加する痛みが起こり、最初に炎症洞の突起に局在化されるであろう。その後、痛みは前頭頭、時間的、後頭領域、ならびに上顎の歯の面積(罹患洞の側から)に広がることができる。
  • 精製洞の重度の形では、顔の柔らかい布地の膨潤も観察することができ、それらの発赤、プラスジョー腹膜炎(フラックス)がそれらを開発することができる。

広告

コンピュータ断層撮影(CT)およびX線撮影  –

「急性の精製副鼻腔炎」の診断は、症状に基づいて、CTデータまたはX線撮影に基づいて行われる。伝統的なX線撮影は、副鼻腔の「暗くする」とそれの流体のレベル(PMのレベル)の詳細を見ることができます。次に、CTスナップショットは副鼻腔の明確な画像を得るだけでなく、同時に副鼻腔の投影における歯のルートチャネルの充填の品質を評価するだけでなく、存在を見ています。根の上への炎症病巣の。感染源を確立し、正しい治療戦略を選択することは非常に重要です。

X線およびCTの精製ヒモロイト   –

X線における急性の精製副鼻腔炎  片面急性の精製副鼻腔炎(矢印は洞の膿のレベルを示しています)

2.慢性ヒモライトの症状 -

慢性副鼻腔炎を発症した場合 - 成人の症状は慢性炎症の形状に依存します。これは、カタラー、プリューレント、ポリケース、またはケイレントポリケースであり得る。各フォームには特徴的な標識があり、それらの一部は温度なしでも発生します。副鼻腔炎の慢性形態は、急性の急性のヒモライトまたは自己治療の誤った治療の結果であることに留意すべきであるが、独立した形態の疾患であり得ることに留意すべきである。

  • カタリアルフォーム (温度なしで進む) - あなたが「温度なしの成人の副鼻腔炎の症状」を探しているのであれば、それは慢性副鼻腔炎の触媒型について最も可能性が最も高いです。この形態はほぼ無症候性の流れを特徴としていますが、ある期間には、これらの患者は(影響を受けたGaMore Sinusから)人の一定の半分の重力に感じることができます(副鼻腔から)、鼻呼吸の周期的な混乱、およびいくつかの倦怠感今日の終わり。

    鼻の動きを調べるとき、ENT医師は粘膜の偏りと膨潤を検出することができます。通常のX線撮影は結果を与えないが、コンピュータ断層撮影はそれが炎症を起こされた領域の上昇洞の粘膜の厚さの増加を示すであろう。下のCTのスナップショットを見ると(絵の中の絵の中にある) - 底部の底部の粘膜の厚みを観察するだけで、側壁の1つがあります。慢性ヒモライトのカタラー形態(図9)。

    CT上の二段副鼻腔炎副鼻腔内では、粘膜が急激に増加しているので、右半分の洞はオタクで満たされています。

  • 精製とポリケーズ (図9-10) - 精製形態の副鼻腔で、部分的には精製滲出液で充填され、ポリケモース形態はポリープの粘膜の表面上の存在をとる。さらに、慢性ヒモライトの複合精製ポリヒント型もまた見られます。ゴイモー洞のポリープは実際には慢性ポリポズニアリズムの鼻ストロークで成長するポリープとの違いはありません(図11)。

    CTスキャン。慢性ポリプロースヒモライト(ポリープは矢印で示しています)。影響を受けるGaimore Sinusからの鼻動きでポリープも満たされています。  ポリープは鼻から剥離しています

    これらの形態の副鼻腔炎では、患者は→急速な疲労、→回転子の臭い、→鼻の半分からの膿の周期的隔離、→37.5~37.8の温度で→

    診断は、症状、コンピュータ断層撮影のデータ、ならびにいくつかの場合において、内視鏡的エンドナレイ酸高鏡検査が必要とされるかもしれない(ビデオカメラと最後の光を備えた薄い柔軟な内視鏡の助けを借りて)。ちなみに、図4のコンピュータ断層撮影の画像では、次のようになる。10 - あなたは慢性的なポリ型副鼻腔炎を見ることができます。画像内のポリープの蓄積は矢印で示されており、ポリープはGaMor Sinusだけでなく局在化されていますが、この側からの鼻の動きを含めます。

大人のヒモロ炎の治療方法 -

患者は積極的に興味を持っています - 家の副鼻腔炎を治すのですが、実際には合併症やプロセスの慢性疾患の慢性が独立して、急性漿液性サモタライトの急性漿液岩(すなわち急性漿液性鼻尿症)のみを治すことができるでしょう。急性の浄化または慢性的な形態の副鼻腔炎 - 落下または抗生物質が自分自身を適用できる抗生物質ではありません - そうではありません。

最近、副鼻腔炎の多様な形態の患者がたくさんあります。典型的には、これらの患者は最も強い抗生物質(例えば、セフトリアキソン)を使用する(例えば、セフトトリアスコン) - 病原性ミクロフローラは将来的には副鼻腔内に形成され、そして将来的には最も強い抗生物質に敏感ではない。そしてそのような患者はすでにラジカル外科的治療のみを提供することができる。副鼻腔炎の治療を実施することが必要である - その出発の原因では、治療の最も重要な部分は洞の感染源を確立することである。

統計によると、宗派性副鼻腔炎(鼻沈潤性) - 統計によると、副鼻腔炎患者の約62%がかかります。歯原性原点副鼻腔炎は少なくとも32%の症例に見出された。同時に、多くの患者は副鼻腔の感染症を、歯の側面から同時に、そして鼻側から、そしてこの場合は副鼻腔内にミクロフローラがあるでしょう、多くの抗生物質に安定しています。私たちが治療計画に必要な診断手順は、CTと内視鏡的エンダナジスタル高鏡検査、および場合によってはMicrofloraで播種しています。

1.急性シマライト:成人の治療

抗生物質を使用せずに、クロージェニック由来の急な副鼻腔炎は治癒することができますが、疾患の最初の症状でENT医師に目を向けた場合に限ります(漿液性炎症がプリューレントに入ったまで)。ラグナゲン性副鼻腔炎の治療における最も重要なことは、鼻粘膜の腫脹を除去することです。結局のところ、粘膜の腫脹はその体積の増加をもたらし、これはゴモア洞と鼻汁ストロークの間の着火の完全な重なりまたは部分的な重なりをもたらす。したがって、浮腫の除去により、硫黄洞(またはすでに洗浄剤)炎症性滲出液から流出を正規化することができます。

ヒモロチス炎からの滴 -

寒さからの伝統的なスプレーは大きなマイナスを持っています。彼らの長期的な使用で、私たちは反対の効果 - 粘膜の耐性腫脹を得る。したがって、寒い滑り止め(ナファゾリン、キシロメゾリン、オキシメタゾリンなどに基づく) - 2~3日以下の使用が優れています。例外は、7日まで使用することができる鼻炎「リンフルウムシル」から噴霧することができる。この薬は大きなプラスを持っています粘膜の膨潤を除去することに加えて - それは粘液からの粘度を低下させるための成分を含み、それは副鼻腔からの流出を改善するであろう。

しかし、急性症状を排除した後、低薬症のグルココルチコイドを含有するスプレー、例えば、Nedonexスプレー(最大3週間)に進むのが良いことです。それは顕著な抗炎症性、抗アレルギー性および抗民族の効果を持っています、そして同時に低い投与量のグルココルチコイドは全身的な曝露を持たない。副糖からの流出が困難ではないとしか設けられていない。これらの薬は副鼻腔から粘液と炎症性滲出液の結論を刺激します。

成人のヒモライトから滴する -

rinofluiumucil  ナゾネックス。  罪悪な

広告

漿液性炎症がすでに精製剤、抗生物質療法およびすすぎ手順に鼻を通して処方される場合。時代遅れの洗浄手順は、Yamik Sinusカテーテルを使用して実行する方が良いです。そして、いくつかの診療所では、副鼻腔カテーテルの代わりに、伝統的な穿刺はまだ使用されていて、それは一般的に潜在的に、そして他の診療所を探す価値があります。 Shawlを使用して内視鏡的エンドナザルジメロトミーを実行しなければならず、副鼻腔カテーテルYamikを使用して副鼻腔を洗浄することに注意してください。これらの基準のために、あなたはまともな診療所を見つけることができます。

Hyameriteとの抗生物質 -

抗生物質をヒモロイトと協会してください。それらを選択することは非常に困難であり、そしてあなたが自己薬をすることを計画しているなら(特に強力なセフトリアクソン型抗生物質を使用して非常に始まりから) - 非常に急速にあなたは副鼻腔内に多抵抗の植物を得るでしょう、一般的に敏感ではありませんほとんどの抗生物質抗生物質の選択はまた、洞の感染源(鼻からまたは歯の側面または同時に)に依存するであろう。この場合の洞内のミクロフローラの組成は異なります。

副鼻腔炎の治療のための抗生物質 :

  • β-ラクタムラクタマズ - 保護された合成ペニシリン(「アモキシシリン+クラブラン酸」、または「アンピシリン+スルバクタム」、または「ペルチルラリン+ペルバクサム」、または「セフォペラゾン+スルバクタム」、または「ティカルシリン+クラブラン酸」)、またはカルバペン(イミペネムまたはメロペネム)。
  • マクロリッド(アジスロマイシンまたはクラリスロマイシン)。
  • フルオロキノロン(レボフロキサシンまたはモオキシフロキサシン)。
  • セファロスポリンIII - IV世代(例えば、セフトリアキソン、セフピム)。
  • オキサゾリドン(Linkolid) - ミクロフローラ上で播種し、多抵抗フローラを隔離した後にのみ。

非天体の形の副鼻腔炎の治療(光と中等度) - 治療は、β-ラクタムラクタマーゼプルーフ合成ペニシリンから始まるのが良いです。最適化オプションは、アモキシシリンとクラブラン酸との組み合わせである(例えば、これらは、ブエ科、アモックスラフなどの錠剤調製物です)。重度の流れで、または現代のフルオロキノロン(レボフロキシンまたは灸)、またはセファロスポリンIII-II-IV世代(例えば、セフトリアキサン、セフピック)から、しかし、これらの薬物はすべて非経口によってすでに入っています。

ペニシリンの不耐性 - 肺および二次的な形態の疾患を有する、錠剤中のマクロリド基(例えばアジスロマイシン)の抗生物質は処方され、そして重い形態の下で、現代のフルオロキノロン(すでに非経口的に)。ペニシリンへの不寛容の場合にはセファロスポリンを処方することができないことを忘れないでください。長い慢性ヒモライトでは、真菌叢はしばしば細菌感染症に結合されているので、抗真菌薬はそのような患者と共にさらに任命され得る。

合計では、抗生物質の期間は通常7~10日であり、場合によっては14日までです。私たちは、ロシアの抗生物質を使用するためにどのような状況下では誠意をこめて助言します(疑似腫瘍性大腸炎が何であるかを知るために高いリスク)。また、患者が行われたときに抗菌療法の有効性が著しく増加し、副鼻腔を鎮痛剤で洗浄するための手順(例えば、洞カテーテル「YAMIK」の助けを借りて)が著しく増加することも考慮する価値があります。

重要 :歯原性のみの副鼻腔炎を有する患者における感染源、または同時に同時に、同時に(微生物叢の菌糸)には、副鼻腔内の微生物叢の安定性を著しく増加させる。この場合、軽度および中等度の副鼻腔炎の治療は、現代のフルオロキノロン(錠剤化)から直ちに開始すること、およびセファロスポリンIII - IV世代の非経口投与による重質形態である。しかし、歯原性感染症では、副鼻腔は強い抗生物質の任命にのみ十分に制限されません...

事実は、この場合、5~6-7の歯のうちの1つの根元の炎症の焦点が核の焦点を挙げて、原因となる歯の根のチャネルの感染症の存在に関連しています。抗生物質の摂取による座席根のチャンネルは不可能です。したがって、根の頂部および積層根チャネルの頂部に炎症性焦点が見つかった場合、根のチャンネルが必要です。この場合、因果的歯が明らかにされ、水酸化カルシウム系薬物が1~1.5ヶ月間放置されている根管の消毒が行われる。これが行われていない場合 - 副鼻腔の感染は続き、私たちは副鼻腔炎の新しい症例を得るでしょう。

2.慢性ヒモライトの治療 -

慢性ヒモリ炎の発症において - 成人における治療はまた、原因の決定(感染源)を決定し始める。現在、重度の形態の浄化型、ポリヒントおよび精製ポリアルパチョヒモライトを有する多くの患者があり、それは自己治療および制御されない抗生物質によって説明される。そして、そのような多くの患者は、病院内の根本的な地震を含む外科的治療方法に送られる必要があります。

慢性ヒモライトを診断するモダンな方法はCTまたは内視鏡的エンドナレイ酸高鏡検査です(伝統的なX線撮影はここでは完全に効果的ではありません)。現代の治療法は、静脈症カテーテルヤミキ、2)抗生物質療法の助けを借りて副鼻腔を洗浄しています。

CTスキャン (CT) - この診断方法は慢性サモライト形態に特に不可欠です。例えば、慢性脊椎静脈内では、洞内に雌性ではないかもしれず、そして炎症は過塑性過程の種類に沿って進行する(つまり、洞の粘膜の粘膜の厚さで)。そしてCTは私達が洞内の粘膜のどの領域が起こるのを見ることを可能にします - それらがどのくらい表現されそして十分な保存的な治療方法があるでしょう。

そのような変更の伝統的なX線撮影は表示されない。そして、副鼻腔の底部の底部の底部(すなわち、歯の根の上の近く)に粘膜の厚みが見られる場合、炎症が歯と関連していると仮定する。粘膜が主に崩壊面積(鼻ストロークとの副鼻腔)に厚くなった場合、鼻腔の感染は鼻腔側から発生する可能性が高い。副鼻腔粘膜の有意な肥厚は、ポリプースプロセスを疑わせることを可能にし、この場合、内視鏡的エンドナジスタ高鏡検査をさらに行うことが必要であろう。

内視鏡的エンドナレイ酸高鏡検査 - 顕著なカタルガル歯肉炎(ポリプシック副鼻腔炎の疑い)またはスルク中の異物の存在が疑われる場合は、診断的な内視鏡的高感染を作ることが重要です。この手順は局所麻酔下で行われます。副鼻腔内の鼻を通してビデオカメラと薄い柔軟なプローブを導入しました。これにより、内側から副鼻腔を見ることができます(ポリープの存在と洞の病変の程度を決定するため、ポリープの除去の操作を計画してください)、そしてまた副鼻腔間の発症を拡大する必要性の問題を解決することができます。そして鼻腔。このサービスは、「ヒモロラス副鼻腔の診断内視鏡検査」とも呼ばれ、その費用は病人あたり約2000ルーブルです。

内視鏡的超スコープ:

ビデオ上の解説 - 副鼻腔内では、歯の3つのルーツ7の頂部はよく視覚化されており、これは粘膜を通って輝き、最大1cm(丸みを帯びた形状と黄色の色を持つ)膿。内視鏡高視鏡検査は局所麻酔下で行われる。

ヒモロ炎の外科的治療(Gaimurrotomy) -

顎顔面手術および慢性ポリヒントまたは浄水性ポリプロースヒモロウ炎の治療のための隔離された過去の過去に - 「ラジカルジメロトミー」という用語と呼ばれる手術の1つのバージョンしかなかった。しかし今、副鼻腔に対するほとんどの外科的操作は、内視鏡とそのような装置を使ってエンドナザルアクセスにすることができます。テクニックについてもっと読む...

1) 内視鏡的エンドナザルGaya - 診断用血管鏡検査がポリープの副鼻腔内の存在を確認した場合、異物または嚢胞 - 「シアー」装置を用いた内視鏡的視覚術。操作は麻酔下で行われ、鼻を通って内視鏡的にアクセスする。シーラーはあなたが副鼻腔からのすべてのポリプース成長を叱ることを可能にします。この操作の過程で、必要に応じて、副鼻腔間のメッセージの拡大も行うことができます(副鼻腔の生理的洗浄を改善し、新しい滑車症の症例のリスクを低減するため)。

2) ラジカル視覚術の方法 - この方法は、ラジアル洞の粘膜への全損傷およびその不可逆的な変化(例えば、繊維状)に示されている。ラジカルジメロトミーは口を通して行われます - 上部4-5-6-6-7の歯の突起の口腔の前に粘膜の隆起部が服用され、「窓」が作られる顎の肉質表面に。太り過ぎのポリープは粘膜の表面に散らばっています。

洞房の粘膜の可逆的なエコー浸透性の変化がそのラジカル除去のための指標ではないという事実に注意を引くことが重要です。慢性的なヒモロ炎の触媒形態の間にそれを言いたい - 通常は根治的な地震を実行する必要はありません。 Shawraを使用した内視鏡的操作の出現により、ラジカルの地震ははるかに低い可能性が低くなりました。しかしながら、この技術は、例えば、副鼻腔炎がアロアンタラルメッセージの背景に対して発生したとき(スニーカーと口腔の間の瘻孔)の場合には困難な状況では不可欠です。

ヒモライトの治療(診療からの場合)   –

次の例では、医師にタイムリーな魅力を持つ患者が副鼻腔炎に苦しんでいるという結果として、典型的な医学的誤差を明確に示しています。下記のように:診断における誤差を排除した後 - この患者における副鼻腔炎の治療は完全に行われた(内視鏡的方法を使用)。

28年後の患者は、片面急性の精製旋回の症状を伴う医療センターに訴えた。コンピュータ断層撮影は、洞の半分がPUSで満たされたことを明らかにした(図15~図16)。任命された治療法は、副鼻腔を防腐剤および大量の抗生物質療法で粉砕し洗浄することです。その結果、次の3年間、患者は様々な症状を持つこの診療所に定期的に適用され、それは同様の治療法を行った。

CTの片側急性の精製副鼻腔炎(異なる予測):

副鼻腔は膿で半分満たされています  副鼻腔は膿で半分満たされています

この間の医師は、この側の5~6-7の歯で根のチャンネルがどれだけうまく折り畳まれたかを判断するために歯科医に患者を送ったことはありません。そしてこの間、患者はCTの写真と悪化期間の外側の写真によって作られました。患者が相談のために私に向かって落ちるとき、増悪の期間の外で作られた絵の上に、Gaimore Sinusの分野において、四列の地形の特徴ではなく、最大1 cmのサイズによって丸みを帯びた形成が検出される。 (図17)。私の予備診断は、右側の上の指導洞の嚢胞です(それはCTの左側にあります)。

矢印は、歯の根のうちの1つの投影にあるGaMor副鼻腔の嚢胞(サイズが最大1cmまでの形成)を示す  内視鏡的エンドナザル高感度:丸みを帯びた黄色教育 - モーション嚢胞の動き。次に7モルの根の視覚化されたトップ(一人の粘膜で覆われています)

粘膜副鼻腔の所有嚢胞は非常にまれであり、そしてそれらの形成の唯一の原因は、5~6-7上歯のうちの1つの根の根の領域の炎症である。さらに、根の頂部が副鼻腔の粘膜の真下に位置することが明らかに明らかに(すなわち、根の頂部の頂部と副鼻腔の底部の間に骨の層はない)ことが明らかである。結果として、患者は、ビデオカメラを用いた薄い柔軟な保護観察の使用を含む「診断用エンドナザル高感光性」についての私に向けられる。その結果、5または6本の歯の突出中である最も秘密の嚢胞が見られます(図18)。因果的歯をCTによっても正確に判断するためにも、ビデオでも故障しなかった - 失敗しました(これらの歯のそれぞれは根管充填の質に問題がありました)。

結果として、患者は最初にShawlを使用して(鼻を通して)内視鏡的な地震を目的とした - この技術は副鼻腔内のポリープおよび嚢胞を掻き取りそして除去するために使用される。また、運転過程の患者は、ジャイモ洞と鼻汁ストロークの間のオッズによって拡大された。手術および再診断用高鏡検査の1.5ヶ月 - 患者は5~6-7の歯(水酸化カルシウム調製物を含む根路を含む)を残した。その結果、患者は幸せで満足しています。

重要 :顎顔面外科医として、私は誠意をこめてあなたを勧めます(LauraがCTの歯を指示すること、そして歯科医に相談する必要があるとは思わない場合) - 相談のための歯科医セラピストを指すこと。歯の5-6-7-8の各根管の慎重な検査のために。残念ながら、私たちが具体的な例ではこれを見ると、標的医師は、ヒモライトの起源の歯腫形成性の診断に間違いを犯します。

ヒモライトを発症するリスクを高める要因 -

いくつかの患者は、ヒモライトを開発するリスクを高めるいくつかの素因の要因に出席することができます。たとえば、各ガイモレスは、中間鼻の進行状況を持つメッセージを属しています - 小さな穴(クーラー)によって。穴は、副鼻腔の生理的洗浄(これらの粘液および肺上皮細胞の排出)、ならびにそれらの換気を意図している。ちなみに、細菌は定期的に鼻のストロークから副鼻腔に落ちるが、特定の理由でほとんどの人はヒモライトの発症につながらない。

粘液からの副鼻腔の精製は、洞粘膜の表面層である財政上皮の繊毛の動きのために起こる。そして細菌が洞に落ちるならば、それからこれらの敗北を通して粘液と共にそれらを除去する。この精製メカニズムのおかげで、ゲイモロビの副鼻腔内の病原性細菌の数はほとんど常に重要なレベルよりも低いため、それらの中の炎症の発症には必然的に(副鼻腔炎)になるでしょう。しかし、場合によっては、副鼻腔からの粘液や細菌の避難に違反しており、それがつながっているものを見てみましょう...

第一に、これは財政上皮の機能に違反している可能性があります。これは通常、鼻の慢性炎症性疾患を持つ患者の患者で発生します。事実は、鼻の慢性疾患における粘膜の長期膨潤、ならびに風邪からの液滴の長期使用(血管内投与効果を有する)が侵害されることである。

第二に、それはアレルギー性鼻炎の患者にあり、それは鼻ストロークおよびハエモドコモディティにおいて粘液の生成物を急激に増加させ、またそれらの粘膜の絶え間ない腫脹がある。このような診断さえ「アレルギー性鼻尿症」(それもアレルギー由来の副鼻腔炎)でさえあります。 3つ目は非常に重要な要素です - 鼻の動きの粘膜の膨潤はその体積が増加し、その結果、敵の粘膜が完全にまたは部分的に副鼻腔のジャイマスが報告されている穴に重なっている。鼻の脳卒中に。

したがって、この場合、粘液および細菌の副鼻腔からの流出が妨げられ、病原性細菌の急速な成長および精製炎症の発症のための条件が生じる。異なる患者では、基本の大きさは異なり、したがって少量のサイズで - ヒモライトの発達のリスクは常に高くなるでしょう。この場合、静脈からの粘液の流出の違反はより顕著になるでしょう。トピックに関する私たちの記事が、副鼻腔炎と成人におけるその治療を願っています - それはあなたにとって有用であることがわかった!

ソース :

1.より高い医学教育著者、2。顎顔面手術における個人的な経験に基づき、「顎顔面手術のガイドライン」(Timofeev A.a.)、 4.「歯原性上顎洞の複素治療」(Schulman F.)、5。 急性無脊磁炎の診断と治療のための臨床的勧告(ロパチンA.S.、Swistushkin v.)

Schimorite:成人における病気の特徴と治療

Добавить комментарий

Пролистать наверх