エクソウスジョー:骨植物除去方法、デデナeczoftose症状 - roott

ジョーの急激な骨折は、骨軟骨成長(骨植物)の形で明らかにされた良性教育です。突起部は、顎骨に位置する単一または複数であり得る。上顎骨菌は、肺胞紋の外側(皮)表面上に、そして下方の顎上の急激なものから、言葉側から形成される。口蓋骨成長(Skynaya Torus)も起こります。

急激な急激なものは痛みがなくなり、初期段階で不便を引き起こさない。しかし、増加し、教育は多くの不快感を提供し始めます - 食事を複雑にし、健全なテストに影響を与える、補綴物などが妨げられる。骨植物治療は外科的です。ガムに対する延長の除去は、約1時間を占める小動工の操作です。操作は麻酔下で行われるので、患者は不快感を経験しない。外科的介入の方法は骨菌の局在化に依存する。

外観の原因

ガムに骨植物が現れるため、間違いなく設置されていません。しかし病気に貢献する要因は以下のとおりです。

  • 遺伝的素因
  • 頻繁な炎症、萎縮、マキシラ骨の変形、および近くの布地の萎縮、変形をもたらす。
  • 歯科系の怪我、特に頭蓋骨の顔の骨折を伴う骨片の骨折を伴う骨折を伴う。
  • 複雑な歯の除去。
  • 歯周病、歯周病、歯周病
  • 咬傷病理学
  • 先天異常ジョー

多くの場合、病理学は幼稚園や青年期に現れます。また、上顎成長の出現は内分泌系の機能不全に関連し得る。

症状

歯の急激弯が見える原因なしで現れた凸の成長の形で現れます。基本的な症状:

  • 口の中の異物の感覚。
  • 食べるときの不便、会話(大骨植物付き)。
  • 新生物をプレスするときの痛み。
  • 病理学区域における発赤、粘膜の菲薄化。

それは自分自身を示さないので、歯科医の検査でのみ小さな異常を識別することが可能である。

ジョー骨植物を削除する必要がある理由

ガムの骨流出は、成長し始めるまで危険ではありません。体積を増加させることによって、歯科列および骨構造上の骨植物が圧縮される。これは歯の変位、咬合破壊、顎変形につながる。大きな成長が言語の動きを防ぎ、指示を困難にし、通常は食べ物を妨害します。大きな成長が補綴物や移植を防ぎます。一人で骨植物顎は消えません。治療の唯一の結果は病理学的教育の運用除去です。

黙認

  • 骨植物の急速な成長
  • 知恵の歯を取り除いた後の急染症。
  • 不快感、痛み。
  • 下顎または上顎の化粧品欠陥の外観(顎の白いボールのように見える、笑顔、会話に目立ち)。
  • 植込み、取り外し可能または非取り外し可能な補綴物質の必要性。
  • 悪性の良性から新生物を反発させる危険性。

プロテーゼやインプラントを設置する必要がある場合は、急病症が手続きの障害になります。プロテーゼはガムの骨流出を傷つけ、骨植植物の圧力のためにインプラントは骨に収まることができないでしょう。

禁忌

相対的

手順は極端な注意を払って実施することができる。
  • 急性感染症炎症過程。
  • 心血管病の悪化
  • 活性相(虫歯、歯肉炎など)における歯とガム病。
  • 妊娠。

絶対の

手順は分類不可です
  • 標準段階における内分泌系、心血管疾患
  • 血液凝固障害
  • 腫瘍学
  • 活発な結核;
  • 骨粗鬆症の顕在化

治療の段階

  1. 局所麻酔。
  2. エキゾチシズムの突起を超えて歯茎を切断し、粘液性皮員の皮を剥がします。
  3. 骨植物を削除します。
  4. 創傷を負傷する場所に粘液フラップの戻り。

全体の操作は1~1.5時間以下にかかります(介入の量、エキゾチック主義の場所によります)。

診断

顎骨の急激弯は常に外部徴候を持つわけではありません - 多くの場合病理学は他の病気の診断にあります。診断は、患者の苦情、歯科検査の結果、X線検査の結果 - 歯、整形外科図の目的絵。絵の中で、骨植物は明確な輪郭を持つガムネオールスムで発射されていないように見えます。

治療方法

口の中の正確な治療は外科的です。操作には2つの技術があります。方法の選択は骨植物の位置に依存する。

  • 空の除去、トルシャ - 外科医は小さな線形切開を行い、フラップの粘液認識を剥がし、骨の突出部分を1つのブロックまたはのこぎりで切り出し、断片を抽出します。傷の改正を行い、フラップバックを返し、縫い目を課します。
  • 肺胞骨菌の透過率 - 介入の順番は似ていますが、カットの形の違いです。この場合、台形形の切開が行われます。

do-posle-ekzotoz.png.

歯科における正確な除去は、ホウ素、レーザーまたはピエゾンゼンによって行われます。切除すると、骨菌の再形成を防ぐために、成長が骨膜の隣接部分によって掻き取られます。骨欠損の間に骨欠損が存在する場合、操作の過程における医師はキャビティを形成し、それは原価陰性材料を配置する。その後創傷が食べる。

リハビリ期間の特徴

ガム上の骨流出が除去された後、最初の3時間、患者は食べ物を拒否するべきです。次に、5-7日以内に、次の推奨事項に従う必要があります。

  • 毎日の口衛生に柔らかい剛毛でブラシを使用してください。
  • 柔らかい食べ物だけを使用する。
  • 熱い、風邪、酸っぱい、辛い、急性食品を避けてください。
  • 言語、指で操作領域に触れないでください。
  • プローテを制限します。
  • 喫煙、アルコールを排除する。
  • 準備を採用した薬物(抗生物質、抗ヒスタミン薬、鎮痛剤)を服用してください。

再生が迅速かつ不快なものになるために、医師は防腐剤洗浄、PTA浴室、抗生物質療法の短い過程である。リハビリテーションは約1週間続く。

 

可能な合併症

医療勧告を無視することにより、術後合併症が発生します。望ましくない結果の中には区別されています。

  • 食品の激しい咀嚼による縫い目の食い違い、硬質食品の運転帯への傷害。
  • 浮腫粘液、した場合に伴う炎症。主な理由は、術後傷、口腔のためのケアが悪いです。

そのような合併症が発生した場合は、すぐに歯科医に連絡する必要があります。問題を無視することは不可能ですが、それはより深刻な結果に留められています。

防止

JAW展示のリスクを軽減するか、またはできるだけ早く問題を検出すると、簡単な予防策が役立ちます。

  • 慎重な衛生
  • 通常の歯科検査(6ヶ月ごと)。
  • 歯、歯茎のタイムリーな治療。
  • 顎のけがを避けます。

系統的自己診断が推奨されます。新生物の存在について口腔内腔を慎重に検査し、顎の表面を穏やかに触診するために、慎重に隙間を調べることが必要です。

ruthtにおける治療の利点

モスクワのロートクリニックにおける顎展の治療は、小動工の外科技術を用いて実験的歯科医を実施する。操作の価格は、複雑さ、拡大のサイズ、その除去方法によって異なります。診療所Ruthtでは、治療のコストが「ターンキー」に形成される。価格には、麻酔、すべての操作、消耗品、医師の術後検査が含まれます。主な協議は無料です。

価格

サービス 費用
ジョーの急激な から 1 000摩擦します。

相談に申し込む

贈り物としての3つのロートスペシャリスト+診断

急激性は、本物の骨物質からなる骨に限られた成長および腫瘍様形成である。 OSTEの主要部分を形成します。ほとんどの場合、骨格は青年期に発展し、骨格が非常に積極的に形成され、骨が成長しています。

分類

その構造、外形、開発の性質、および骨の局在化、ならびに骨の局在化、およびこれにより異なる方法で分割されている。

外部形式は区別します。

•洗練されたまたは櫛の急染色。

•標準的なエキゾチック、きのこ、ラウンド、狭いベース付き。

•ラウンド、バギー、または滑らかな表面を持つ限られた腫瘍、そのベースは対象に入ります。

•ハイパーボデーションへの移行フォーム(特に頭蓋骨上)。

正常な骨の物質のようなeczobosisの物質は、コンパクトなまたは紡糸のいずれかであるか、またはそれはまた両方の性質を持ち、そして皮質層はコンパクトで、そして海綿状物質の中心からなる。多くの場合、エキゾチックな布は象の骨と同様に非常に濃い、硬化菌であることが判明している可能性があります。他の場合には、それがすべてスポンジ構造を持っているか、または海綿状物質のキャビティの膨張が充填された実際の骨髄腔の形成をもたらす従来の骨髄。しかしながら、ある形態の他の形態の遷移:最初のスポンジ急性症は、その物質の一貫したシールのために、象牙のようなコンパクトになり、逆の範囲である。骨物質は、海綿状または髄質の急染色であることが判明している可能性があります。。

同様に、正常な骨は新しい骨物質を堆積させることによって成長し、急激弯症は常にこの通常のプロセスの強化にのみ基づいています。それが知られているように、骨格骨の正常な形成において、それは最初に、予め形成された軟骨の部位において骨の形成、ならびに周膜からの骨の形成を果たす。スケルトンのほとんどの骨には、両方のプロセスが自分の間で組み合わされて、頭蓋骨のカバー骨には非常に最後のプロセスがあります。これによれば、急病症は、予め形成された軟骨から、または骨膜から入手することができる。これには、他の3番目の方法を添加する必要があります - 骨格骨と新しく形成された骨の一貫したマージの骨格の骨化物の骨化率を添加する必要があります。

ここから、互いに区別されなければならず、結合組織から発生した正確に軟骨のエキゾチックおよび急病の2つの主な形態があります。後者は次に、実際にそしてもともと暴動を盗む際に崩壊する。

石炭潮腫

彼らは軟骨系入院から形成された骨格の部分からもっぱら発展します。したがって、それらは頭蓋骨のカバー骨に存在しないが、頭蓋骨に基づいて観察される。さらに、それらは、脊椎上、平らな骨の上、骨盤の骨の上、骨盤の骨の上に、主に四肢の長い骨にある。特に後者では、骨格仕上げに対する彼らの態度を見ることは明らかです、彼らは骨のエピフィンの端部、そしてさらに中間軟骨の分野での範囲内であるので明らかです。真の完全に発達した骨では、そのような急義症は言及された場所からかなり有意な距離で隔膜分野でしばしば見られますが、これは単に急病の発生が比較的早期成長期に起こるという事実のためです。急病が形成されたら、それは同じ骨の位置に残り、骨上は長さがますます長さが増えていてそれから除去される。ピンを導入することによって骨の成長を長さに追跡する場合、このプロセスは最もよく観察されます。長さの継続的な成長を伴う義理におけるこれらのピンの距離は常に同じままであるが、距離はエピピンゼの終わりからより多くの増加をもたらす。

その形態および大きさによると、軟骨の幻影は、小さな丸みを帯びた小さな結節からの範囲の多種多様性を表し、豊富な成長を伴う範囲で終わります。それらの間には、半球の形ですべての種類の中間型があり、その後、足、複合施設、尖った、フック状の湾曲した、鍾乳石のような成長、数センチメートルの長さがあります。多くの場合、大きく、悩まされている腫瘍、クルミ、鶏の卵などの大きさがあり、骨に通常狭いベースに座っています。

軟骨急性症の物質は、コンパクトな皮質層で、次に完全にコンパクトに、強硬化的に紡糸されています。基部では、それらは主に骨の組織内の鋭い境界なしに通過し、そこからそれらは進行する。後者の交差は直接急病に続く - 暴動の除去後の骨髄炎の発症に貢献するかもしれない状況に及ぼす。

局在化に加えて、これらのエキゾチックは軟骨剤として、その自由末端に硝子軟骨層の存在を特徴とする。この層の厚さはかなり異なることがあります。それは通常わずかではありません。顕微鏡検査では、関節仕上げと同様の構造を有していますが、それが続くかどうかを継続するか既に完了しているかどうかによって異なります。最後の軟骨層は完全に消えることができます。

軟骨層が存在しないため、古い軟骨エキゾチックは、特にそれらの最初の形態が強い変化を起こすことができるので、他の形成と区別することが時々非常に困難である。

軟骨急性症の形成は、主に幼年、すなわち骨の成長期間に観察される。場合によっては、彼らは既に出生時に存在していました。通常、急病の強い発達は思春期中に起こります。

しかしながら、骨組織の形成傾向は、寿命の別の期間、すなわち老齢で観察される。あなたが知っているように、関節炎の変形性、古い骨の変化は関節軟骨の成長によって特徴付けられ、関節軟骨の縁に沿って多種多様な成長の形成をもたらす。これらの軟骨が上がることもまたはんだ付けされており、このようにして、それらは受け入れられていますが、従来の軟骨染色体とは異なりません。

石膏は骨格に単独でまたは少数で見つけられます。この場合、例えば両方の大きな停泊骨の上部エピップ上の著しく対称な形成。しかしながら、同じ対象における非常に多数の急病の場合が多い。

頭蓋骨では、これらの場合、急激な急性症が見られないが、特に骨化合物の部位では頭蓋骨に基づいて急病があることがあります。ここで発生している配置は、真実は軟骨ではありませんが、コードの上端の成長は同じではなく、同じ時間小さな軟骨と骨の膨張が観察されます。それどころか、他の骨格骨は、丸みを帯びた、悪意のある腫瘍を形成し、既に体の大幅な外観を形成することができるほとんどすべての幻想的な骨格で座っていることがわかります。急激な急激な急激なものは、この障害のために引き起こされたため、外科的介入に対する理由を与えるかもしれません。主に、これらの急激な急性は、主に四肢の骨にかなり対称的に分布しています。椎骨上では、オスティックプロセスの基部と椎骨の体の縁部に多数の小さな高さを形成します。エッジでは、それらはしばしば大量に、通常は軟骨の近くで、Knutriceと外側の両方を発行します。肋骨の軟骨に、あまりにも頻繁に小さな軟骨が襲われています。エキゾチックな刃では、四十五の頃に配置されているか、または自由な端に座っています。同様に、それらは鎖骨、乳房および骨盤骨に観察されます。手首とプラスプラスのサイコロは摘出され反発して、ファランクスさえも多くの成長で覆われています。

いくつかの軟骨急性骨格​​は、それらが継手での浮き彫りのように、それらが覆われた軟骨端部に行くことによって、それらの中の滑膜腔の存在によって区別される。

関節との類似性は、バッグの内面から発せられる実際の滑膜静脈が存在するために、さらにはより多くなることが判明した。多くの場合、関節の自由な体との完全な類推を発表した、多数の稲体とより大きな自由機関でさえあります。そのような滑液キャビティは単一のシングルであり、時には多数のエキゾチックで見られ、そしてそれらは柔らかい部分が股関節の筋肉の下での特別な変位によって特徴付けられる場所の粘液袋のような急激な骨折がありますが、残りの急性の急性はゆるい繊維に囲まれています。キャビティは量の大きく増加することができるので、それらの急激な状態の底部には絶対に見えず、滑膜様の液体を除去した後にのみ目立ちになる。たとえば、膝関節で関節を持つキャビティのメッセージもあることがあります。

軟骨染色体の発達の原因

骨格除症は、例外はほとんどなく、骨格の軟骨部分の成長によって説明されるべきである。しかし同時に、成長は確かに軟骨エピピンまたは中間軟骨に関係してはならず、そしてそれは骨に保存されている軟骨の残骸から起こり得る。

急性骨の末梢の軟骨の一部が間違った方向に成長し、正常な骨端と謝肉剤とは対照的に、骨化が中心骨核を形成することなく発生するように想像することができる。そして骨と直接接続する。

顔のない非対症

ここで、まず第一に、骨膜、すなわち腹膜にかかわらず、骨骨、すなわち腹膜、蒸し染色症にかかわらず、骨腫から発生した急菌性を区別することが必要である。後者はヘテロプラスティック骨腫に対する遷移境界の範囲であり、まずハイパーボードへの移行を構成します。

通常の条件下では、最も強い筋牽引の場所に骨の突起、隆起部およびローラーが形成されています。いくつかの急病は、そのような異常に大きな骨の突起を表していません。腹膜と蒸気骨の境界は完全にスティューズだ。浮遊性が依然として腫瘍が暴行で覆われている場合にのみ可能です。

急激な急激な急激なものはしっかりしています。彼らの形では、彼らは多種多様性を表します。たとえば、頭蓋骨上の純粋な無双である一方で、別々の建物、特にエキゾチックなものを盗んだり、特にエキゾチックを盗んだり、ついに、または最後に、完全に間違っています。一般に、初期部品の形を保持し、しばしば束、媚しく症、腱および筋肉を直接継続する棚。

物質はコンパクトまたはスポンジです。象の骨を彷彿とさせる最も高密度で、主に頭蓋骨上に発症する、骨幹は骨膜によって形成されます。

脆弱な急激な発達の原因

多くの無産および蒸し骨の取り決めの形成において、慢性炎症性プロセスは主要な役割を果たす。過度の骨形成は、慢性炎症性骨疾患における一般的な現象を構成することが知られています。それは通常、炎症炉の周囲の骨の多かれ少なかれびまん性肥厚(骨折症、高咽頭症)、例えば骨髄炎膿瘍をもたらす。炎症の停止では、増粘はしばしば吸収ですが、それは残っていて、したがって、急病または高巣症を与えます。この種の最も顕著な例の1つは、慢性白潰瘍における大きなベルト球および小さなベルトーオスの甲状腺高高感染症および象徴的なスパイクのびまん性高血圧症の染色体高血圧症および象の鋭い高血圧である。

この種の最良の例は、骨折、特に複雑であり、そして最初に形成は、緻密性の骨の突起が得られる骨化のおかげで、最初に形成され、そして最初に形成され、そして最初に骨膜およびその周囲の接続組織からの部分的には軟骨とその周囲の接続組織は、 。

したがって、外傷性の原因はこれらの急皮の形成にとって非常に重要であり、その結果、それらは腹膜染色体の両方を得ることができます。

症状と診断

正確な主な症状には、次のものが含まれます。

具体的な骨の肥厚。

•痛み肢の荷重の下の痛み。

•特に動きの間の骨の痛み。

•隣接している神経への拡張圧力による痛み。

エキゾチックの診断の確認はX線であるが、小さな変化はそれに見えないかもしれない。骨の成長が未知の場合、悪性腫瘍の疑いがあるので、ここで最良のテストは生検であり、集めた組織が悪性敗北であるかどうかを決定します。

処理

延伸の成長が癌の結果ではない場合、それは痛みや不快感を引き起こしず、浮腫を引き起こさない - それは削除する必要はありません。成長過程で成長がない子供たちでは、それは時々それ自体が消えるので、急病は削除されません。

骨腫瘍を迅速に成長させると、疼痛を引き起こし、骨、他の柔らかい組織や神経を損傷する可能性があると、外科的介入が推奨されます。この操作は、一般的または局所麻酔下で行われ、骨組織の平滑化を目的としています。患者は2週間後に回復します。

エクソーサスアプローチ

かつて形成された外症は、通常は非常に永続的な教育です。ただし、多くの場合、それらは時間の経過とともにサイズが大幅に増加しています。いくつかの(少数)では、若い頃に急激な急激な消失がある。時には(特に正面キャビティなどのいわゆる延長で)壊死を伴う自発的分離が起こることがあります。それ以外の場合、急発症はレイアウトされていますが、それでも彼らは再び成長するでしょう。

この記事に記載されている情報は、慣れ親しんでおり、専門的な協議や資格のある医療に代わることはできません。この病気の存在のわずかな疑いでは、必ずあなたの医者に相談してください!

病気の原因

典型的には、急病は8~18歳の老化を発展させる。特に頻繁にこの病気は思春期の間に現れる。 6歳未満の子供たちには、実際には見つかりません。

ほとんどの場合、急病は脛骨の上部3分の1に現れ、太ももの下3分の1、移動度の上部、肩の上端と前腕の骨の下端です。それらはシャベル、鎖骨、肋骨の上に形成することができ、それらは椎骨上のプラスおよびブラシの骨にあることができます。急激な骨幹の頭蓋骨の骨には形成されていません。これらの形成は、さまざまなサイズ、およびPEAのサイズ、および大きなリンゴのサイズのものです。急激炎が子供の頭の大きさである場合があります。彼らの量はまた、1から数十から数百まで変化する可能性があります。

教育教育の原因:

  • 炎症;
  • 骨折;
  • けが;
  • 侵害;
  • 感染症(梅毒);
  • 骨膜または軟骨の異常。
  • いくつかの内分泌疾患。

多くの場合、病気は遺伝性です。

骨軟骨急性症は2つのタイプです。

  • 複数のエキゾチックXONDRODISPLASIS
  • 孤立性骨 - 軟骨急性症

症状と病気

急激な病気のない疾患であり、長い間現れない可能性があります。骨 - 軟骨の急激な骨の増殖は症状を伴うことが非常に多いため、骨軟骨の急激腫は長い間注意されないままであることができます。急性停止は、例えばX線検査または出力またはシールの確立において無作為に検出することができる。

多くの場合、骨の成長は8年まで明らかにされていませんが、8年から18歳までの骨格の活発な成長中に、エキシチオンが発生して発展します。骨軟骨エクスプームの促進開発は思春期の期間中に観察され、桑や脛骨、ならびにシャベルと鎖骨上の股関節の下部にあります。

ブラシと足の足の骨軟骨の急激な暴動はずっと頻繁に驚くほど驚くべきか、頭蓋骨領域に影響を与えません。骨軟骨染色体の成長の数は、単位から数十人まで、同様の状況、そして寸法との寸法から大きなオレンジ色まで変化する可能性があります。研究中に急激な急派症の調達を実施することは必ずしも可能ではないので、X線X線撮影はそれらの量を正確に決定するために使用される。これは、サイズ、形態、および骨軟骨展の構造に関するデータを取得する唯一の方法です。

骨軟骨exostopeは2種類のものです。

  • 孤立性骨 - 軟骨急性症
  • 複数のエキゾチックXONDROMBLASIS

両方の種類の急激な骨が骨を当てることができます。お気に入りの局在化は長い管状骨のメタフィンです。すべての骨軟骨急速化の50%が大腿骨の損傷、肩関節と脛骨の近位差によって注目されています。骨軟骨急性症は通常、思春期および子供の年齢で明らかにされています。

骨軟骨染色体の臨床像は、疾患の形、その局在化、急派症の大きさ、形態および組織および臓器との連絡によって異なります。巨大サイズのエクステーティーは、痛みを引き起こしながら、神経トランクや船に影響を与える可能性があります。脊椎管の面積にさらなる成長を伴う脊椎領域の骨軟骨急性症は、脊髄圧縮を伴う可能性がある。

かなり頻繁には、急病は許されます。骨盤が裸眼でも見えるような大きさに急激に成長した場合があります。

不快感が不快な感覚を提供しないと、安全であるとは考えないでください。この病気は深刻な合併症をしています。成長は隣接する臓器を絞り込み、それらの変形と機能の違反を引き起こすかもしれません。骨さえも変形することができます。もう1つの危険な合併症は展覧会の骨折です。しかしながら、最も危険な合併症は悪性腫瘍における正確さの再生です。これは疾患の症例の約1%で起こる。ほとんどの場合、エキステープはシャベル、大腿骨、盆地、椎骨に傾いています。

イスラエルの最高の状態診療所

最高のイスラエルのプライベートクリニック

病気の治療

展示会のみ外科的です。彼は局所的または汎麻酔下で彼の整形外科医師学者を抱えています。麻酔の選択は、エキゾチックとその局在化の大きさによって異なります。操作の過程で、骨に泥棒を取り除き、その表面は平滑化されます。

今では小さな切開を通して行われます。しばしば急病が小さければ、そして麻酔が局所的であれば、患者は同じ日に病院を離れるかもしれません。

膝関節で操作を行うとき、それは石膏ロングタで1~2週間固定され、成長している成長の代わりに可能な骨折を防ぐために患者の足の荷重をさらに1~2ヶ月間制限します。

予測はいいです。通常、展示会を除去した後、持続的な回復が起こります。

病気の診断

ほとんどの急病は明らかに臨床試験では明らかに顕著ではなく、X線後にのみ急速症の数、形、大きさ、位置、現像、構造などを得ることができます。放射線写真のエキソテシスの外部軟骨カバーは見えないので、成長の真のサイズは常にX線よりも大きいもので、軟骨帽子は最大6~8 mmの厚さを持つことができます。

この疾患を骨腫瘍で区別することが必要です。

価格

疾患 おおよその価格、$
ヒップジョイントの補綴物の価格 23 100。
閉鎖治療の価格 25 300。
治療Halkus Valgusの料金 7 980。
膝関節の回復の価格 13 580 - 27 710
脊柱側弯症治療の価格 9 190 - 66 910
ニージョイントの内葉栄養学の価格 28 200。
椎間ヘルニアの治療の価格 35 320 - 47 370

トピックの資料

  • 2018年5月16日。

    脊椎湾曲を患っているティーンエイジャーは、ICHILクリニックの神経外科医と共に首尾よく運営された。最も難しい外科的干渉のおかげで...

  • 2017年10月18日。

    医者は背骨から頭を隔てて、9歳の女の子を節約しました

    12時間以内に、医師の病院のチームは、19歳のアマルの生活のために戦った、前例のない複雑さの運用を行いました。世界に...

  • 2017年7月13日。

    側弯症の治療におけるインプラントの遠隔制御

    イスラエルでは、脊椎手術の新しい基準が紹介されます。これは、内葉統治学のための革新的なインプラントのおかげで可能になるでしょう。

  • 2017年7月13日。

    Dana-Dukeの診療所における若年生成の骨疾患の研究と治療

    子供のイスラエル病院に基づいて、Dana-Duope(Tel Aviv)は新しいリハビリテーションセンターを作成しました。これは、子供と子会社の多用途のタスクを決定しました。

  • 2018年5月7日。

    骨実験室で成長した独自の移植操作を実施した。医者は拒否リスクなしで移植を行う機会を得ました。

  • 2017年7月13日。

    新しい子供の整形外科 - 予選ネイルロッド - スポークなしで下肢を長くする

    イスラエルのエルサレム大学からの医師のチームは別の発見をしました。骨粗鬆症の徹底的な研究の結果として、彼らは...

  • 2017年7月13日。

    Denosumab (Деносумаб) при лечении рака костей

    1818の距離では、クーパーとトラバースは厳しく忠実な疾患を明らかにし、それをSarcom Groupに起因していました - 最も頻繁には検査類義で見つかりました...

  • 2017年7月13日。

    Новинка детской ортопедии — стержень Precice Nail для удлинения нижних конечностей без спиц

    これまで、脚の伸びのためのすべての手順は、Irrivarovのデバイスの使用を外部に固定しています。そして最近のみ...

すべてのニュース医学イスラエル
  1. 5
  2. 4
  3. 3
  4. 2
  5. 1
(0票、平均して5点中5)

急激な

急派症とは

急性症は、骨の表面上のヌコラ様(線形、球状、その他の教育の種類)の骨または骨および軟骨の成長です。その構造でエキソポージされている軟骨組織(正常な軟骨布と類似性によるオシェゼナヤ)、したがって名前 " 軟骨 »エキソスチシスは全プロセスの本質を正確に示していません。

急激な骨化中の骨化過程は通常、薄型および密集した骨シェルに外部に囲まれた海綿状骨への変換を伴う。骨拡張体の表面は、芳香軟骨で覆われた層であり、その厚さはわずか数ミリメートルです。そのような軟骨ヘッドから、すべての展示会の成長はさらに茎です。

染色体の原因

正確症の形成の原因はできる 炎症過程、損傷、侵害、骨膜および軟骨、軟骨、そのような感染症 、内分泌系の機能の不十分またはその個々の腺。急激化は、一般的に持続的な教育として提示されているが、経時的な経時的な圧力の形成過程が永遠に消失する場合がある。

しばしばゆっくり上昇し、痛みを引き起こさないではなく、抗スコーシスは臨床症状によってマークされず、患者と医者の両方に見えなくなります。矯正は、検査中に既に見えるシールの触診時に検出されます。

エキゾチチズムの理由を明確にするために多数の科学的研究が専念しているため、この疾患における遺伝を研究することが目的としています。 。しかし、遺伝性のある家族染色体の特定の症例において存在でさえも、この疾患の発生を説明する理由はまだ与えていない。

骨軟骨染色体

急激な骨 - 軟骨の急激な骨の増殖は症状を伴うことが非常に多いため、骨軟骨の急激腫は長い間注意されないままであることができます。急性停止は、例えばX線検査または出力またはシールの確立において無作為に検出することができる。

多くの場合、骨の成長は8年まで現れませんが、8年から16歳までの骨格の活発な成長の間に急義腫が発生する可能性があります。骨軟骨エクスプームの促進開発は思春期の期間中に観察され、桑や脛骨、ならびにシャベルと鎖骨上の股関節の下部にあります。

ブラシと足の足の骨軟骨の急激な暴動はずっと頻繁に驚くほど驚くべきか、頭蓋骨領域に影響を与えません。骨軟骨染色体の成長の数は、単位から数十人まで、同様の状況、そして寸法との寸法から大きなオレンジ色まで変化する可能性があります。研究で急派症の調達を行うことは必ずしも可能ではないので、その量を正確に決定するために使用されます X線撮影 。これは、サイズ、形態、および骨軟骨展の構造に関するデータを取得する唯一の方法です。

骨軟骨exostopeは2種類のものです。 固体骨 - 軟骨染色体 и 複数のエキゾチックなホンジリブラシス 。両方の種類の急激な骨が骨を当てることができます。お気に入りの局在化は長い管状骨のメタフィンです。すべての骨軟骨急速化の50%が大腿骨の損傷、肩関節と脛骨の近位差によって注目されています。骨軟骨急性症は通常、思春期および子供の年齢で明らかにされています。

骨軟骨染色体を用いた臨床写真は病気の形に依存します 、その局在化、急派症の大きさ、形状、および接続された組織と臓器とのコミュニケーション。巨大サイズのエクステーティーは、痛みを引き起こしながら、神経トランクや船に影響を与える可能性があります。脊椎管の面積にさらなる成長を伴う脊椎領域の骨軟骨急性症は、脊髄圧縮を伴う可能性がある。

展示運営の治療

外科手術のみの暴動の治療 。多発性急性症を形成する場合、それは主に骨組織の骨組織の領域を除去し、神経および血管を除去することである。展示運営の治療は、骨の表面上の成長の大きさおよびそれらの局在化の大きさに応じて、一般的または局所麻酔下での整形外科外傷科医による医師によって行われる。 操作は骨骨領域から取り除かれ、続いて平滑化 .

我々の外傷および整形外科における正確な治療において、組織の外傷および最新の技術の使用、ならびに内部化粧品の縫い目の課題との操作、ならびに活発なライフスタイルに戻ることが可能な限り最短の時間で活発なライフスタイルに戻ることを可能にする。さらに効果的な治療を伴う正確な診断方法(必要ならば)この疾患の後続の合併症を回避するのに役立ちます。

面白いかもしれません

ユーザーはexostoseについて質問します

記事は準備しました 子供の外科医 - オレゴンドミハイルヨーリヴィッチステファノ

急激炎症は、骨の表面に位置する良性の骨軟骨様太ももです。多くの場合、この病気は相続によって伝染し、そして最も頻繁には1つまたは別の疾患の合併症としての二次的に起こる。

原則として、急義腫瘍は青年期の子供に現れ、彼らは小さな子供でも発達することさえありますが、ほとんどの場合、7-8歳までに、この病気は自分自身を発揮しません。しかし、体の集中的な成長期間(8~16歳)の間、この病理学には急なジャンプがあります。

そのような骨 - 軟骨成長の危険性は、彼がまったく長い時間を示すことができず、大きなサイズに徐々に伸びることができるということです。

診断

多くの場合、急激な検査の結果として誤って誤って見られます。詳しくは、医師はX線を作ります。場合によっては、組織のフェンスによる生検が行われる。

展覧会の原因

もちろん、この病気はそのようには現れません、彼はそれ自身の理由を持っています。原則として、それはすべての種類の怪我や青年期の怪我や筋腫、骨折、侵害、治療疾患(感染性およびウイルスを含む)、骨髄と軟骨の様々な病状、侵害、多様な骨格の様々な病状がある場合異常

症状

この疾患は塊の外観で発現され、それは体全体に任意の骨にあることができるが、全ての急病の約50%が膝の分野(大腿骨の下部そして小さなベルトバと大段階の骨のトップ部。長い管状骨のようなそのような成長。

当面のために、病気はそれ自体を示さないかもしれませんが、それは徐々にそれが増加し、そして様々なセグメントに動く重度の局所的な痛みや痛みを引き起こす可能性があります。

大きな血管や神経の隣に呼ばれ、急病はそれらに影響を与え、神経衝撃の崩れと四肢への血液供給の違反の原因となります。そのような場合、体の特定の部分を絞ることから生じる痛みに加えて、人はしびれ、時にはめまいをするかもしれません。

停止が関節の隣にある場合は、限られた動きの原因です。そのような症状の出現は非常に重要であり、病理学の緊急治療に対する絶対的な適応症です。結局のところ、疾患が硬く進行して急速に成長すると、悪性の腫瘍に再生の危険があります。

急激な種類の種類

幻想はさまざまな形式(ライン、ボール、キノコ、スパイク)とサイズ(数mmから大型リンゴのサイズまで)のものです。

孤独な成長、すなわち孤独な、ある場所にのみ位置しています。そして、腫瘍が一度にいくつかの場所で起こると、いわゆる複数のエキゾンチ系軟骨芽細胞が一度にいくつかの場所で発生した場合(それらは膝の分野、鎖、鎖の壁、肩関節、ローバ、ローバー、ブレード、時には口腔内でも診断されます) 。

この疾患の最も深刻な形態の1つは脊髄の症状です。この場合、腫瘍は脊髄に当たってその機能で違反を引き起こす可能性があるためです。

処理

幻想は非常に持続的な教育であり、それ自体によって彼らはめったに吸収されず、したがって1つの治療方法のみがある。

原則として、これらの成長が規模のサイズが減少するまで、大多数の年齢に達した人に処方されています。

場合によっては、腫瘍が不快感を与えないので、彼は自分のすべての人生と共に生きることができ、時折医者で観察されます。

外科医に申し込む

子供の外科医へのレセプションにサインアップ

エキゾチックな専門家

急病が現れる理由は2つあります。

  • 複雑な歯の除去の結果、骨組織の変位は適切に成長できなかった。
  • 歯と顎の構造の個々の特徴

ガム上の成長の危険性は、隣接する歯または骨自体に強い圧力によって引き起こされます。病理学は、インプラントを確立し、混視的にそれらを運ぶことを可能にしない。

多くの場合、ガムの急激な暴動(ICD 10)は、歯科のプロテーゼを設置する過程で検出された問題です。問題は外科的介入を通じて排除されます。骨流出を取り除かない場合、この異常は腫瘍に成長する可能性があります。順に、急激な急激な顎の機能を複雑にしない、歯は口腔の健康に影響を与えません。

ガム上の小さな成長は肉眼を見るのが難しいですが、患者は時々口腔内の小さな円錐の形でエキゾチックを感じることがあります。手術介入によりこの病理を取り除くことができます。

具体的には、ガム上の成長の除去にはいくつかの段数が含まれています:</ b>

操作の期間は平均2時間です。手順の大きさは、その位置の形成のサイズ、病理学の複雑さによって異なります。抽出後、縫い目は重ね合わされ、場合によっては放牧包帯。手順の価格は、多くの指標、その行動の特徴によって異なります。

投稿されたアプリケーション

、 ご関心をお寄せいただきありがとうございます。 15分間、私たちのマネージャーはあなたに電話をかけます。

閉じる

外科的介入や医療処置と同様に、エキゾチックの除去は一部の禁忌です。規格によると、これは次のとおりです。

  • 低血の凝固
  • 糖尿病
  • 内分泌系の疾​​患

ほとんどの場合、急病は外科的介入に容易にさらされ、結果はありません。それは手技の後、ガムが膨潤し、小さな炎症反応が進行中であり、極端領域の痛み。あなたは麻酔薬と癒しの薬との不快感を取り除くことができます。

治療、操作、患者はリハビリ期間を通過します。およそそれは7日続く。しかしながら、弱い免疫系では、口腔内の病原性微生物の存在、この期間は1ヶ月間延伸される。術後期間の主な状態 - 注意 。許可できません 継ぎ目の不一致 ただし、暖かくて柔らかい食べ物だけがあります。飲み物を飲むとき、悪い習慣を放棄するときの温度モードを維持する必要があります。

記事は専門家をチェックしました

Klimovich Victoria Borisovna. 歯列矯正学、顎顔面手術、歯の審美的回復の分野における資格の専門家 - 11年

料金ページ品質:

2件5件5票

エクソウスジョー:骨植物除去方法、デデナeczoftose症状 - roott

Добавить комментарий

Пролистать наверх